子連れライター生活
暮らし・街

ロイズのローズガーデン感想。子連れで散策しました

先日入ろうとしたものの入れずに帰ってきたローズガーデン。今回は無事に楽しんでくることができたので、思い出を写真で紹介します。

自力で歩ける子であれば楽しめる場所ですよ。

ロイズローズガーデンに向く子、向かない子

楽しい場所ですがそれなりに特徴的です。場所の魅力を紹介する前に、楽しむための前情報を入れておきましょうか。

ベビーカーでの移動はほぼ不可能

獣道のような未舗装かつ細い道を歩くものと思ってください。

園内をベビーカーで動き回るというのは難しいと思います。

もちろん、ローズガーデンに入るまでをベビーカー移動で済ませるのはアリ。乗ってきたベビーカーは入り口の駐車場の端っこあたりに置いておくといいです。

 

至近距離の植物。事情で触れられない子には向かない

病気やアレルギーなど、何らかの理由で植物や花粉に触れられない子がいる場合、ローズガーデン散策はやめたほうがいいですね。

かなり意識して歩いたとしても、植物が体に触れるのは避けられないと思います。白血病の寛解治療中など、特別医者から指示を受けているようなお子さんがいる場合は、隣のロイズあいの里公園店でアイスを楽しむまでで止めておいたほうがいいです。

 

ロイズローズガーデン感想。子連れ散策の写真

ここからは写真のターン。雰囲気、伝わるでしょうか?

ローズガーデン入り口

↓入り口。ロイズあいの里公園店の向かいにあります。

入り口側の散策

↓道は基本的に未舗装かレンガ。

↓6月中旬。既にバラは咲いています。

↓両側をバラに囲まれる。ジブリの映画にこんなシーンがあった気が。

↓ゼルダやスカイリムなら絶対何か起きるシチュエーション

裏門側の散策

↓裏門側。ブルーベリー園がありました。立ち入り禁止。

↓裏門から時計逆回りに進んだところ。従業員が野菜栽培してるのでしょうか

↓337号線に隣接する側。風向きのせいか、チョコレートの香りが超絶充満していて花の香りも何もあったもんじゃないです。

↓一周して戻ってきた本社前。カカオのオブジェがあります

 

ロイズローズガーデン子連れ散策のエピソード

2歳児連れて二人で歩いた際にあったエピソードも紹介しときます。何が参考になるかわかりませんからね( ^ω^ )

入り口がわからなかった件

冒頭でもお伝えした通り、ローズガーデン突撃はこの日が2回目です。入り口がわからなかったんですよ。

【失敗談】ロイズ本社のローズガーデンに入れなかった話ロイズ本社の敷地内にあるローズガーデン。美しいバラが咲き誇る札幌の隠れステキスポットなのだそうです。そこに行ったけど入り口がわからず帰ってきた話(笑)...

まず1度目に行ったのが日曜日で正門と裏門が開いていなかったこと。そして敷地を一周したつもりが、一周しきる直前に臨時駐車場を見物しようとロイズあいの里公園店の裏側へ道路を渡って向かってしまった、そのわずかな未踏部分にローズガーデン勝手口があったというのが敗因でした。

入り口はロイズあいの里公園店の向かいです。小さな入り口ですので、先に紹介した写真を参考に見つけてください。

 

ソフトクリームが無かった…

ローズガーデンではソフトクリームが食べれると聞いていました。が、この日は売り場を見つけることができず。ここでしか食べられないらしい「ローズ味」も食べられませんでした。

実家に戻ってから実母(通称バーバ)に聞いてみたところ、「まだ時期じゃないから出店がないみたいなのよ」とのこと。

ソフトクリーム自体は隣接のロイズあいの里公園店でも食べれるので致命傷ではありませんが。外でその場で食べたいですよねぇ。残念。

 

ロイズローズガーデン散策後は直営店で子連れランチを!

道路を挟んで反対側、ロイズあいの里公園店ではパンやスイーツを買ってイートインスペースで食べることができます。

子連れでも十分楽しめる場所ですので、ガーデンの散策が終わったらランチもしくはおやつタイムとして合わせて使うといいです。

↓子連れでロイズ直営店に行ってみたレポ

ロイズあいの里公園店に子連れで行ってみた感想北海道札幌市、ロイズあいの里公園店のレポ。幼児連れ目線から魅力を切り取ってみました。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。