素人料理メモ

ココイチのとび辛スパイスを幼児用に作った激甘カレーにかけてみた話

ココイチで売っているとび辛スパイス。カレーにかける粉末で、辛さをプラスできるというアレです。お店のテーブルにも置いてあるとこありますよね。

そんなとび辛スパイスを買ってきました。我が家のカレーQOLを向上するために。

5歳児がいるので、甘甘カレーを作らなきゃならないんですよ。でも大人2人は辛いカレーも食べたいわけで、以前は2種類のカレーを作ったりしていました。

しかし最近はコストコのロティサリーチキンをほぐして入れたカレーとか、コストコのヨーグルトで作った市販ルー非使用カレーとか、凝ったカレーを作る傾向がある我が家。いよいよ2種類のカレーなんぞ作っていられないのです。

そこで白羽の矢が立ったのがとび辛スパイスだったというわけ。5歳児用の甘甘カレーにとび辛スパイスを大量投入してみます。

激甘カレーにとび辛スパイスを入れる

これは使用前。

そして使用後。

危険な粉が目視できるレベルでガッツリと振りかけました。

そして食べる。

食べる。

 

あれ?あまり辛くない…

ほんのりとスパイスの味わいは感じるものの、辛いかと言われるとイマイチ感じ取れません。ココイチの3辛みたいな口にロケットランチャー打ち込まれるレベルの辛さはどこにも無し。

そこで次にチリパウダーも投入。

スパイス色々あるんです。我が家。

それでもあんまし辛くない。

やっぱもともと甘いカレーをチート的に辛くするのは無理なんでしょうかね。

 

5分後

とび辛スパイス大量投入カレーを食べて5分後。首の後ろにさわやかな汗が浮き出るのを感じました。

体はカッカとしてきており、口の中にはスパイスの風味が良い感じに残っています。

食べてるときはわかりませんでしたが、しっかりと体に辛さは浸透していたんですね。

なかなか良いじゃないですか、とび辛スパイス。

 

辛さは程々でしたが、スパイスの風味はおいしく感じ取れます。

幼児のいる家は試しに使ってみたらいいと思いますよ。