逃げログ
パワハラ離職後にやった行動、学び、気づき、思い。
小学校教員

臨時採用教員のボーナスについて。北海道の場合の体験談

教員のボーナス

臨時採用教員時代のボーナス事情について、当時の記憶を頼りに体験談を語ります。
自分は北海道で臨時採用教員をしていたので、あくまで北海道の場合の話として参考にしてください。

4月1日勤務開始の場合、6月のボーナスは少ない

4月1日、つまり新年度開始時点から新しく勤務を始めた場合、6月に出る最初のボーナスはかなり少ないです。具体的な額は遠い昔のことで忘れてしまいましたが、メカニズムだけでも紹介しますね。

教員のボーナスを決める要素はいくつかあるのですが、その中の一つに「期間率」というものがあります。

期間率:直近6ヶ月に働いていた期間

教員のボーナスは6月1日、12月1日にそれぞれ在籍している教員に対して支払われます。
で、その日から逆算して6か月間、教員として在籍していたかどうかを見るんですね。

前の年から働いている教員場合。
6月のボーナスをもらう際は、前の年の12月から数えて12、1、2、3、4、5月と、6ヶ月分全て働いていることになります。期間率100です。満額です。

4月1日採用組の教員の場合。
6月のボーナスに対して、4月と5月の2か月分しか算出されないことになります。
というわけで4月1日から働き始めた人は、夏のボーナスはちょっとだけです。残念!

 

教員のボーナスの算出については他にも色々要素がありますが、このページを見ている類の方はまだ気にする必要はないです。

病休、産休、悪いことした、みたいな話はまだ無縁だと思いますので。期間率だけ気にしておけばいいと思います。

 

スポンサーリンク

12月のボーナスはウハウハ

さて12月1日。
4月から教員始めた人にとっては、この冬のボーナスが満額いただける初の機会になると思います。(パワハラで休職したりしてなければ)

夏のボーナスが発生した6月1日から数えて、6,7,8,9,10,11月と、6ヶ月分満額働きましたよね。期間率100です。条件達成です。

自分が駆け出しだった頃はどれぐらいもらえたかなぁ。手取りで30後半ぐらいだったかなぁ。40いったかどうかは覚えていないです。

車とかパソコンとか買うならこのタイミングでしょう。北海道は道南以外で暮らすなら4駆がいいですよ。

 

スポンサーリンク

前年度から継続して働く場合、6月のボーナスもウハウハ

ここからが都道府県で話が分かれる部分です。超デリケートです。

冬のボーナスをいただいた臨時教員や正採用教員の若手の皆さんは、その後も翌年3月まで働きます。

そして6月。
正規採用の教員は当然6ヶ月分働き続けていると思いますので期間率100。待ちに待った満額の夏ボーナスがもらえます。

さて、臨時教員の人がそのまま同じ学校や次の学校で4月1日以降も臨時教員を続けていた場合。
この場合もやはり期間率は100。満額のボーナスがもらえちゃうわけです。

 

この文章を読んでいる方の中に北海道以外の方がいれば、「あれ?」と思ったかもしれません。そうなんです。北海道は「つながる」んです。

 

スポンサーリンク

雇用が途切れるとマズい

期間率について。

臨時採用教員は、一つの学校でのおつとめが終わった後、次の学校での契約が始まるまでに何日か何か月か間が空くことがあります。

これがクセ者。

「所属していない日」が一日でも存在すると、期間率は100ではなくなります。

すると結構減るんですよ、ボーナス。

どれぐらい減るかは覚えてないのでアレですが、2週間空いた自分は結構な額が減ってしまい落ち込んだ経験があります。ボーナスの明細もらって2分ぐらい落ち込んでました。

 

他の県は…

北海道は臨時採用教員を3月31日まで雇ってくれます。
そして4月1日からまた雇ってくれます。

他の県は…

 

あるんです。3月30日までの雇用にして4月1日採用にするような県が。

いわゆる「空白の一日」というものを作るんです。

これは酷いですよね。正規と同じ働き方してるのにボーナスが下手すりゃ8割程度の支給になっちゃうらしいです。自分は北海道一筋だったので聞いた話しかできませんが。

とりあえず北海道と東京都は「空白の一日」を設けていません。継続です。

他にも継続しているところはあるのかな?

 

時間講師は?

全国一律でボーナス無しです。

時間講師はその身分を最大限に生かして副業、複業で稼ぎまくりましょう。

 

まとめ

教員のボーナスについての話でした。

経験談ベースの話なので信ぴょう性も薄いですしよくわからなかった部分が多いと思いますが、自分がボーナス貰ってる姿をイメージする手伝いぐらいにはなったでしょうか。

 

まぁ一つ言えるのは、「空白の一日」を設定しているようなブラック県からはさっさと脱出して待遇の良い県で働くと良いですよということです。