逃げログ
パワハラ離職後にやった行動、学び、気づき、思い。
バイク趣味

エストレヤとは。250ccの枠を超えた旅バイクの魅力を徹底紹介!

エストレヤは250ccの枠を超えた旅バイク

Kawasakiの250ccバイク「エストレヤ」の紹介です。

 

先日、遂に生産終了が発表され長い歴史に幕を閉じることになったエストレヤ。

ですが多くの台数が流通していることから今後も中古市場で愛されていくであろうバイクです。

 

のんびり走れるけど旅にも強い。

そんなバイクを探している方は、ちょっとだけ時間を割いてこの文章を読んでみてください。

エストレヤの250ccエンジンが演出するスローな旅情感

エストレヤにまたがってエンジンに火を入れると、心地よい揺れと共に「トトトト…」というジェントルな排気音が聞こえてきます。

「景色や空を眺めつつゆったりと一人旅」

「近くの公園までササッと移動」

エストレヤの250ccエンジンがもつ特性はそんな素敵なシーンを次々と作り出してくれます。

 

単気筒ロングストロークというエンジン設計

エストレヤの独特な乗り心地を生み出しているのが、

単気筒

ロングストローク

という独特なエンジン設計です。

 

単気筒もロングストロークも、得意なのは低回転でのトルクの強さ。

この二つの特徴を合わせ持っているエストレヤには、極めて低回転に強いという乗り味が生まれました。

 

加えて、ロングストロークエンジンの特性により、シートからマッサージされているような心地よい鼓動を味わうことができます。

エンジンの爆発が一発一発感じられるような感触です。

 

ロングストロークエンジンは貴重

実はロングストロークのエンジンってすごく少ないんですよ。

有名なのは何と言ってもハーレー。そしてあとはこのエストレヤと、あれ?

まだあった気もしますが、それほど珍しいエンジン傾向だということです。

 

エストレヤの250cc単気筒ロングストロークエンジンは専用設計

エストレヤのためだけに作られたエンジンです。

 

関連記事
エストレヤのエンジンは単気筒ロングストローク。レアな形式です

 

スポンサーリンク

エストレヤのシート高は250ccクラスでも低め

エストレヤのシート高は735mm。250ccネイキッドバイクの中ではかなり低めです

車体の横幅も狭いことからとても足つきがいいですよ。

 

足つきが良いということは、初心者や身長の低い方でも安心して扱えるということ。

重量も軽めであることから、日常生活の移動手段として使える小回りの利いたバイクです。

 

大きなバイクや車高の高いバイクだと、交通量の多い市街地をちょこまか走るのは案外疲れるんです。

でもエストレヤなら大丈夫ですよ。

 

スポンサーリンク

エストレヤは軽い。250ccバイクのメリットを思う存分味わえる

スペックとして紹介されているエストレヤの重さは161kg

CB400SFの最新型であるrevoがABSつきで201kg。教習車として乗るCB400SFと比べ、40kgも軽いことになります。

 

実際免許取り立ての人がエストレヤに乗るとその軽さに驚くのですが、その理由は車重だけじゃありません。

エストレヤはCB400SFと比べ、重心が下側に寄っています。

重心が低いということはバランス性に優れているということ。

そのため、取り回しする時やまたがって移動するときなど、バランスをとるための人間側の労力が少なくて済むんです。

 

この人間側の負担の少なさが色々な面で生きてくるんですよ。

 

関連ページ
エストレヤは軽くて扱いやすい。初めて実車に触れた時の思い出

 

スポンサーリンク

エストレヤは高速道路よりも下道向き

バイクには、気持ち良さを感じられる速度帯とエンジン回転数というものが必ずあります。

例えばホンダのCB400SBだと、60km~100km、6500回転以上が美味しいところでしょうか。

 

さて、エストレヤの得意な速度帯はこの通り。

速度帯:50km/h~70km/h

回転数:2000~3000

あくまで自分の体感ですが、これぐらいのスピードでエストレヤに走るのがとても好きでした。

早い段階で上のギアに無理やり入れてしまい、アイドリングに毛の生えたような低回転で走るのがこのバイクの真骨頂。

田舎道を雲でも眺めながら走ると最高に気持ちがいいです。

 

見ての通り、ハイスピードで目を三角にして峠を攻めるようなバイクではないですね。

関連記事
エストレヤで高速道路に乗った体験談。何キロまでなら耐えられる?

 

エストレヤのデザイン性は250ccクラス屈指。英国風でオシャレ

エストレヤ 250cc

エストレヤは英国風の雰囲気をまとった、いわゆる「クラシック」に分類されるバイクです

写真を見てわかるとおり、キラキラ光るメッキパーツ、ホイールに使われているスポークなど、スポーツ系のバイクとは明らかに違う路線のこだわりが感じられます。

 

自分はコンビニの駐車場にエストレヤを停め、日光に照らされる愛車を眺めつつ立ち読みするのが好きでした。

通行人もちょくちょく振り返る、素敵な佇まいでした。

 

スポーツバイクこそジャケットやツナギ以外で乗ると違和感がありますが、エストレヤはパーカーやワイシャツで乗っても違和感が全くありません。

懐の深いバイクです。

 

安全を気にすればできるだけジャケットで乗りたいところですけどね。

 

250ccトップクラスの低燃費性能を誇るエストレヤ

エストレヤはとにかくエンジンを回さないバイクなので燃費はとても良いです

北海道一周をしたときはリッター35kmを超えたこともありました。

 

ホンダのカブやその他原付にはさすがにかないませんが、通勤や通学を低コストで気持ちよくこなせますよ。

関連記事
エストレヤの燃費に関する口コミを集めました

 

250ccの枠を超えた魅力をもつエストレヤで楽しいバイク生活を!

250ccクラスの名車として長年愛され続けたエストレヤ。

性能の低いレトロバイクと思われがちですが、実際は最新鋭の技術がしっかりと積まれた極上の旅バイクです。

 

生産年数が長い人気車だけあって、中古市場では今でも良いものが多く出回っています。

最寄りのバイク屋さんでエストレヤを見かけたときは、是非候補の一つにしてみてください。

のんびり走りたい人には自信を持ってお勧めします。

関連記事
エストレヤの中古車選びについて。年式別に紹介します