教育のICT活用

小学校教員の仕事用iPadは何を買えば良いだろう?

小学校教員が自分の仕事用としてiPadを買うなら何が良いか?一通り調べたので結果をメモっておきます。

iPad、iPad Air、iPad Proの比較

2019年12月26日現在、現行のラインナップは

  • iPad
  • iPad Air
  • iPad Pro
  • iPad mini

の4種類。

その内iPad miniのサイズは目的に合いません。書類を読む、画像映像の簡単な編集をする、子供に画面を見せる、と言うような使い方を考えるとね。

手ごろなサイズである他3つの違いは何なのか調べました。

仕様の比較

iPadiPad AiriPad Pro
34800円〜54800円〜89800円〜
10.2インチ10.5インチ11インチ
A10チップA12チップA12チップ
483グラム456グラム468グラム

大体は見ての通り。この他、Proは端子がUSB-Cだったりします。

もちろんApple Pencil、スマートキーボードは3種とも使えます。あ、Proだけはpencilもキーボードも第2世代ですね。細かいところが違うらしい。

 

比べた結論

無印iPadですね。圧倒的にこれが買いです。

Proはまずそこまでの性能を求めるかわからないのでバツ。

Airの軽さ(とは言っても数十グラムですが)は魅力ですが、価格差を埋めるほどのものでもない。

無印iPadの34800円という価格はやはり魅力です。後々Apple Pencilやスマートキーボードを買うと考えるとやはり本体価格は抑えておきたいもので。

 

過去のiPadとの比較

無印iPadには過去のモデルがあります。

iPad第6世代

iPad第5世代

の2種。

第5世代&第6世代iPadは論外

いきなりですが、これらは全く購入の選択肢に入りません。

理由はApple Pencilとスマートキーボードの互換性。第6世代はスマートキーボードに非対応、第5世代に至ってはApple Pencilとスマートキーボードのどちらも非対応です。

 

スマートキーボードの圧倒的な有用性

自分はスマートキーボードをiPad Proで使っていました(今は本体ごと嫁に取られましたが)。便利ですよあれ。耐久性が抜群で、キーの打ち心地も十分に及第点。一時期それ使ってブログ書いてましたから。

そのスマートキーボードが使えないってのはちょっとキツすぎますね。Apple Pencilも色々と便利なので、やはり第5世代と第6世代iPadは選択肢には入ってこない。

 

小学校教員用ならば無印iPadが買い

というわけで、小学校教員用に買うのであれば、自分は現行の無印iPadが買いだと思ってます。

まー自分の場合は34800円を捻出するのもキツいので、まずはその金額まで小遣いを貯めるところからスタートですね。教員は貧乏です。

教員系記事をnoteへ移行します

教員系の記事を別サイトへ移行します。趣味でやってるこのブログと仕事である教員を分けたい気分になったので。

noteという場所で毎日何かしら書いているので、よければそちらでお付き合いください。

note「田舎の臨時教員生活」