逃げログ
元小学校教員12年。今はWebライター。
ADHDライフハック

ADHDに適した部屋とは?ゴミ屋敷を卒業した発達障害当事者が語る

ADHDが部屋をきれいにする方法

ADHDは汚部屋に住むしかないのか?

綺麗な部屋に住むことは家族に頼り切る以外方法はないのか?

そんなことはありません。ADHDであっても自分の力で綺麗な部屋を維持する方法はあります。

このページでは、ADHD当事者である自分が試行錯誤の末に手に入れた、ADHDが綺麗な部屋で生活するための方法を解説しました。

合わせて、綺麗な部屋を維持できた先に待っている幸せな生活についても少しだけ触れています。

ADHDに最適な部屋はモノの無い空間

ADHD 部屋

ADHDのあなたが汚部屋生活を脱したいのであれば、目指すべきは「物のない部屋」。最低限の持ち物で生きるミニマリストの思考を身につけることをおすすめします。

物のない部屋がADHDに向く理由としては3つあって、

  • 脳の負担が減って体が動くようになる
  • 掃除片付けのハードルが劇的に下がる
  • ゴミがある状態に違和感をもてるようになる

というものです。

脳の負担が減って体が動くようになる

脳にはメンタル的なエネルギーが存在すると自分は考えています。部屋の中のモノを減らすことで、無駄遣いされていたエネルギーを自分のために使えるようになります。

部屋に置かれているモノ達は、常に我々からエネルギーを吸い続ける存在です。整理、収納、補充、掃除、手入れ。モノ達との付き合いは決して買って終わりというものではありません。脳内に常駐したアプリか何かのように、モノは我々にエネルギーの消費を求めてくるんですね。

部屋のモノを減らしてみると、不思議と脳がスッキリします。所有するモノ達へ注意を払うために使っていたエネルギーを自分のために使えるようになったからです。

 

掃除片付けのハードルが劇的に下がる

持ち物を減らせば掃除の難易度も下がります。それによって「よーしちょっと掃除しよっか!」と、不思議と気が向くようになります。

例えばカーペットを無くせば掃除機は不要。クイックルワイパー1本で事足ります。

ソファを無くせば手の届きにくい場所が減りますし、持っている本の数が10分の1になれば整理に使う時間もまた10分の1になります。

 

ADHDが行動を起こせない理由の一つは「面倒くさい」。掃除一つとっても、それが難易度の高いと見ればとたんに後回しにしてしまいます。

ならばモノを減らし掃除の難易度を下げてしまえばいいんですね。不思議と体が動いて日々の掃除や整理ができるようになります。10分の掃除は面倒でも、2分で終わる掃除なら案外できてしまうものです。

 

ゴミがある状態に違和感をもてるようになる

部屋のモノを減らすことで、日々発生するゴミをその都度片づけられるようになります。

モノが50個置かれている部屋に51個目のモノが置かれたら、それに気づくことはできないでしょう。少なくとも自分は無理です。気づきません。

しかし、モノが5個しかない部屋に6個目のモノが置かれたらどうでしょうか。気づきますよね。モノが極端に少ない空間を作ることで、そこに新たに現れるゴミに違和感をもてるようになるんです。

ゴミ屋敷にゴミが増えても気にはなりません。
でも真っ白な空間にゴミがあれば嫌でも気になるものです。

 

スポンサーリンク

ADHDの部屋に重要なのはゴミ出しルール。物件の間取りは気にしない

ADHD 部屋 ゴミ

新しい部屋を契約する場合、最重要視すべきはゴミ出しのルールです。夜間のゴミ出しが可能な物件を狙ってください。また、できるだけゴミの分別ルールが緩い自治体に住むことも可能な範囲で心掛けると良いです。

夜間のゴミ出し可能な部屋はADHDと相性◎

部屋選びでは夜間のゴミ出しが許されているorこっそり捨てることができそうな物件を選んでください。朝の決まっている時間しかゴミを出せない物件が結構ありますが、それらを選んでしまうと後々地獄を見ます。

ADHDにとっての朝は1分1秒を争う戦場です。正直、ゴミ出しをする余裕はどこにもありません。ギリギリになってからようやく動き出すADHDスタイルの通勤通学において、ゴミをまとめてゴミ捨て場に出すという数十秒の行動が命取りになります。

 

一つ体験談を語らせてもらうと、自分は以前朝しかゴミを捨てられない物件に住んだことがありました。そこは金網で作られたゴミ捨て場があったのですが、普段は鍵がかけられていて大家がそれを開ける7時~8時15分までの間しかゴミを捨てることができなかったんです。

ギリギリまで布団に包まり7時57分に家を出て出勤時刻1分前に職場に到着する生活を続けていた自分には、朝のゴミ捨ては不可能でした。結局、2LDKのうちの1部屋にゴミを押し込んでいき、最後は変な臭いが発生し退去時に多額のクリーニング代を払うことになっちゃいました。

夜間にコッソリとでもゴミを出すことができればこの悲劇は起きなかったんですが、鍵がかけられていてはどうにもなりません。だったら朝ゴミを出せばいいだろと言われそうですが、それができれば苦労はしません。

 

というわけで、物件のゴミ出しルールやゴミ捨て場の様子は契約前に必ずチェックすると良いです。深夜のゴミ出しは重要ですよ。

 

ゴミ分別のゆるい自治体の部屋を選ぼう

自由に選べる物件とは違い、自治体選びとなるとそうそう融通の利くものではないと思います。ですが、できることならゴミ分別ルールが比較的緩い自治体を選ぶと幸せですよ。

5種類も6種類もゴミ分別をしているような自治体に住んでしまうと、間違いなくゴミ捨てが面倒になります。そしてADHDにとって「面倒」とは地獄への片道切符。この感情が発生してしまった時点で、その先に待ち構えているのは捨てようとして結局捨てずに床に転がるゴミの山です。

 

燃えるゴミ!燃えないゴミ!以上ッ!

みたいな自治体に住めそうなのであれば、是非是非その街で物件探しをすると良いでしょう。汚部屋生活を脱出できるかどうかは物件選び、そして自治体選びに大きく左右されますから。

 

スポンサーリンク

物のない部屋を手に入れたADHDの未来は明るい

ADHD 部屋 片付け

物のない部屋の構築と維持に成功したその先には、今まで経験したことのないような明るい未来が待っています。言い換えれば、物に囲まれた部屋での生活を続けている限りADHDの生活は好転しないということです。

記事の途中ですが、ちょっと別記事の紹介をしますね。

ADHDにおすすめなミニマリスト志向の部屋
ADHDの片付け苦手な特性がミニマリスト思考に救われた体験談ミニマリストの考え方は物の管理に追われるADHDの生きづらさを助けてくれます。ADHDの筆者の生い立ちと合わせながら紹介。...

この記事はADHD当事者である自分がミニマリストの思想と出会った結果、それまでの30年間の生きづらい生活を脱出して幸せを手に入れたという内容です。

 

自分がこんな感じで人生を救われたように、かつての自分と同じように物に埋もれて生きづらさを感じているADHDの方にもこの幸せを伝えたい。救われてほしい。

最後に、自分が得られたその幸せを具体的に紹介してこの文章を終えようと思います。

お金がたまった

汚部屋を脱出した結果、お金がたまりました。自炊が増えたことと無駄な買い物が減ったことが理由です。

モノの無い部屋になったことで、自分の活動量は自然と増えました。そしてキッチンも片付いていることから、「サッと料理をしてみたい」という感情が沸いてきたのです。そこに面倒くささはありませんでした。

無駄な買い物も減りました。部屋に物を増やしたくないという感情がADHDの浪費グセを抑えてくれたのです。

 

人間関係が改善される

気軽に自宅に友人を呼べるようになりました。

いつ誰が我が家を訪れても問題がない。それは人間関係構築において強力なカードになります。実際、友人との飲みなんてものはほとんどが偶発的に起きるもの。

「おい、今日飲もうぜ!」

「いいねえ!」

「でも居酒屋ばっか言ってたら金も続かんよなぁ」

「あーなら俺んちでやろうぜ!」

部屋に自信が無ければ言えないセリフです。

我が家が宅飲み会場として認知されると、自然と人との付き合いも増えます。

かけがえのない思い出が一つ一つ積みあがっていきます。

 

モテる

理由はわかりませんが、モテます。明らかにモテ方が変わります。

女性雑誌に「モノの無い部屋に住む男はねらい目」とでも書かれてんのか!?と疑いたくなるぐらいモテました。

 

物を大切にできる

ミニマリストの思想はモノを捨てる思想ではありません。

ミニマリストとは、自分にとって本当に必要なものを見つけ出す思想です。

 

一つ一つの持ち物にこだわるようになりました。それらを愛するようになりました。

「本当に好きなものに囲まれて生活している」と自信をもって言い切れる生活をしている。

その事実が自分の意識をいくらかポジティブなものにしてくれました。

 

スポンサーリンク

理想のADHD部屋作りを始めよう

とりあえず、「絶対必要なもの」と「実は無くてもどうにかなるもの」を分けてみませんか?

 

「実は無くてもどうにかなるもの」を1日10個ずつ捨ててみましょう。

我々を苦しめてきた生きづらさが少しずつ少しずつ和らいでいくのを感じられますよ。

ADHDライフハック記事一覧

ABOUT ME
タビ
タビ
自身の抱える発達障害ADHDについて、体験や学んだ知識を記事にしています。 Twitterでは発達障害関連の近況ツイート、ブロガーとの交流といった目的で動くサブ垢です。 ブログ主の裏の顔。ブログ主のオットはリアルとの繋がりが強く不用意なことが言えないため、衝動性に任せたツイートはこっちのタビ垢が担当。