子連れライター生活
子育て

子育ての便利グッズ。ものづくりハンドブックで新しい遊びを見つけよう

子育て便利グッズ ものづくりハンドブック

一部の学校教員の間でバイブル的存在になっている本があります。

これです。ものづくりハンドブックシリーズ。

身近な材料で簡単にできる遊びや実験、お菓子作りなんかがたっぷりと載っている本です。

子育てをもう少し楽しいものにしたいお父さんお母さんや、教育関係者の方にも向けてちょっとだけこの本の紹介をさせてください。

ものづくりハンドブックの内容紹介

ものづくりハンドブック

まずは写真を見て子供が楽しめそうなものづくりを見つける

ものづくりハンドブックは、表紙をめくるとすぐに写真ページがあります。

このページはカタログになっていて、ここから気になるものづくりを見つけたら、該当ページの説明を読みに行くという流れです。

じっくり読むというよりは辞典のような使い方をする本です。

 

ものづくりとそれを使った子供との遊び方の例

自分が好きだったのは写真右上の浮沈子というおもちゃ。

ペットボトルをわずかな力で握ると、中のおさかなが下の方へ沈んでいきます。

そして力を抜くとまた上に戻ってくるというものです。

 

小学校の低学年相手にこれを見せて、

「おさかなに声かけるとみんなに会いに浮かんでくるよ~」

なんて遊びをすると、子ども達はめちゃめちゃ食いついてきますよ。

 

明らかにマニアな雰囲気まとった子にこれを渡して

「なんでだろうねぇ」

なんて挑発すると、ひたすらいじり倒した挙句、さいごには勝手に分解を始めます。

素敵な勉強です。

 

他には、下の方に載っているかさぶくロケットも良かった。

単純なおもちゃですが、子ども達は1時間飽きずに飛ばしまくっていましたよ。

 

子どもと一緒に作れる料理コーナーもあります

ものづくりハンドブック

料理のコンセプトは簡単、身近な食材、短時間

ものづくりハンドブックには毎回料理コーナーがあるのですが、コンセプトが素敵です。

とにかく簡単に、身近なもので、短時間でできる料理ばかりが載っているんです。

 

子どもと一緒にというよりも、子どもが作るのを後ろからアドバイスするだけでいいぐらいの簡単さです。

なので子ども達と楽しい時間を過ごしたい時にピッタリです。

 

自分はものづくりハンドブック1巻に載っていたべっこう飴が好きで、よく時間を見つけては子ども達と一緒に作っていました。

 

特別支援学級担任の仕事に悩む人にも読んで欲しい本

自腹購入して繰り返し読んでみてほしいです

特別支援学級の担任をしている人はぜひこの本を手に取ってみてほしいです。

学校の予算でもいいですし自腹切って買っちゃってもいいですし。

個人的には自腹オススメです。繰り返し読める一生ものの本なので。

 

特別支援の指導にピッタリです

  • 子どもとの関係づくりに
  • 巧緻性、忍耐力の訓練
  • ごほうびの時間として
  • 得意分野見つけに

 

特別支援学級の教育活動にどう役立てられるか思いつくままに並べてみましたが、どうです?

少なくとも自分はものづくりハンドブックを持っていたおかげで受け持った子と早い段階で人間関係を作ることができました。

料理や理科実験などその子の好きな分野を見つけてあげることもできました。

 

いいことを50個やったらホットプレートで飴づくり。

懐かしいなぁ。

 

ものづくりハンドブック。自信をもっておすすめします

家庭での子育てにも、学校での教育活動にも、ものづくりハンドブックシリーズはおすすめです。

現在は9巻まで出ています。

子どもも大人も楽しくなれる教育がしたい人にぜひ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。