逃げログ
パワハラ離職後にやった行動、学び、気づき、思い。
育児

赤ちゃん連れで飛行機に乗ってみた。豊富なサービスと地獄のフライト

ただでさえ色々と面倒臭い飛行機の利用。
それが赤ちゃん連れともなると利用の難易度は更に跳ね上がります。

さて今回の記事は体験談。飛行機嫌いの筆者がこれまでに何度か赤ちゃん連れで飛行機を利用した結果得た経験をシェアします。

ちなみに使った航空会社は全てANA。嫁の趣味です。

搭乗手続き・手荷物預け入れ

f:id:tabisen:20180114183211j:plain

羽田空港の場合はかなり親切です。

乳幼児連れや要介護者連れの人たち向けの専用受付があり、そこであまり長時間並ばずに手続きや荷物預けができます。

地方空港の場合そういった専用受付がない場合があり、遅延などで空港内が混雑していると詰みます。

ベビーカーは手荷物として預けます。

大体の空港では手荷物を預ける場所の近くに空港内専用の共用ベビーカーが置かれているので、出発までの空港内の移動はそれを使わせてもらうといいです。

スポンサーリンク

保安検査

f:id:tabisen:20180114183229j:plain

急いでいる人向けや赤ちゃん連れ用の列があるので、そこに並びます。ベビーカー押しながら保安検査所へ近づいていけば、大体は係の人がそういう列に案内してくれます。

空港用のベビーカーは金属として反応してしまうので、これも係の人が親の代わりに向こう側まで押してくれます。

基本的に空港は赤ちゃん連れに対してかなりのサポート体制を整えていますね。

ここまで書いていて改めて思いました。

スポンサーリンク

出発ロビー

f:id:tabisen:20180114172411j:plain

保安検査所を抜ければあとは出発時刻まで出発ロビーで待ちます。

搭乗口近くにはイスがたくさんあって、大体皆さんそこに座って搭乗開始を待っています。
赤ちゃん連れは優先席に座れるので、そこに座ってゆっくりするのが良さげですね。

ほかにも羽田空港には出発ラウンジの数カ所に幼児向けの遊び場があったり、トイレでオムツ替えができたりと、わりと気楽に過ごすことができます。

それにしても羽田空港のトイレの数ってすごいですよね。石を投げればトイレに当たる勢いでトイレが設置されています。

そういえば一度ANAスイートラウンジを利用したことがありました。
赤ちゃん連れで行ったのですが、まぁ…赤ちゃんいる時は行かない方がいいですね。

出発前の時間を穏やかに過ごしたい人たちが高いお金を払って滞在している場所なので、どうしても泣いたり叫んだり汚したりしちゃう赤ちゃんは居ない方がいいのかなぁと感じました。

↓ANAスイートラウンジに乳児連れて突撃した話が含まれた日記。

あわせて読みたい
ハワイ旅行の体験談①。羽田空港国際ターミナルにて生後10か月の長女を連れて家族3人でハワイへ行ってきました。 少し遅めの新婚旅行です。 道中、気づいたことや豆知識などを記事にし...

 

スポンサーリンク

搭乗

ここでも赤ちゃん連れはVIP待遇。ファーストクラスの人たちよりも更に早く搭乗させてもらえます。人のいない機内に入れるので、スムーズに物をしまったり赤ちゃんと座れたりします。

ちなみにこの優先搭乗のタイミングを逃すと一般搭乗が始まってしまい、人でごった返す中を赤ちゃん抱えて進んでいくという超絶ハードモードと化します。

出発時間の30分前辺りからはおとなしく搭乗口近くで待っていた方がいいです

 

機内での様子

辛いです。

飛行機という乗り物は元々辛い乗り物ですが、赤ちゃん連れだとそれが更に辛いものになります。

とにかく狭いので、赤ちゃん連れだと腕一本動かすだけでも一苦労。そのうえ赤ちゃんはどうしてもジタバタするので色々と気苦労が絶えません。

  • 前の座席を蹴らないように
  • できるだけ泣かないように

等々、とにかく迷惑をかけないよう気を使います。

周りの人たちも「赤ちゃんだからいいよ」という顔で見てくれるのですが、だからといって甘え切ってしまうわけにもいきません。できる努力はしたいものです。

それに、中には嫌な顔をする人もどうしてもいるわけですし。(おっさんに多い)

赤ちゃん連れで飛行機に乗っていると、

「これが電車だったらなぁ…」

とどうしても頭によぎってしまいます。

 

到着

飛行機が着陸した直後。座った座席にもよりますが、大体の場合は他のお客さんがみんないなくなってから席を立ちます。赤ちゃん連れながら上の荷物下ろしたりとかハードモードですし。

そういえば、飛行機から降りた後ってベビーカーがないですよね。手荷物として預けちゃってるので。

実は、事前に頼んでおくと飛行機から降りた所に空港用のベビーカーを置いておいてくれるというサービスがあるんです。手荷物預け入れの時にお願いしておけば、飛行機から降りて蛇腹の道を歩き終わった辺りに名札付きでベビーカーが置かれています。

これに赤ちゃんを乗せて荷物を受け取る場所まで移動しましょう。羽田空港のような、飛行機から到着ロビーまでの距離が長い空港で特におすすめです。

 

まとめ「できれば他の交通機関使いたい」

以上、赤ちゃん連れの飛行機利用の体験談でした。

空港や航空会社は赤ちゃん連れのために徹底的にサービスを強化してくれています。

が、狭い機内での時間はやはり辛い。

できれば他の交通手段使った方がいいんじゃないかなと筆者は思っています。

飛行機って短時間で移動できそうに見えて、実際は拘束時間や空港までの移動時間等含めると新幹線なんかと大した所要時間変わらないんですよね。

赤ちゃん連れなら素直に地上をのんびり行きましょう。