札幌市

札幌市北区あいの里のケーキ屋「ル・クール」知ってます?

ルクールのケーキ

札幌市の北の果てにある新興住宅地「あいの里」。

その中でも更に奥の方に、8年続いているケーキ屋「ル・クール」があります。

この前も3歳児と2人でケーキ買いに行ったので軽く紹介してみます。

あいの里公園駅から徒歩30秒のケーキ屋さん

お店の外観はこんな感じ。

あいの里ルクールのみため

住宅地らしい、普通の家っぽさを残した建物です。この辺は原っぱだったはずが、いつの間にかお店が並ぶように。動物病院や美容室なんかが並んでいる中にケーキ屋ル・クールも混ざってます。

この立地ですから、酔っ払ってJRから降りてきたお父さんが家族に言い訳するためにケーキ買って帰ったりするのかな?いや、その時間にはもうやってないか。

どちらかと言うと、新川駅や札幌駅まで通学していた高校生辺りが帰り道に買い食いしてそうです。

 

お店の中&ショーケースの中

次はお店の中を。

あいの里ルクールのショーケース

若干3歳児の頭が映り込んでますが、ショーケースはこんな感じ。本格派なケーキから可愛い系までなんでもござれ。価格はこの写真じゃ微妙に見えにくいですが、300円〜400円ぐらいが相場です。

一番左にシュークリームがあって、これが170円。やたら美味いです。

 

入店して左がレジ。反対の右に顔を向けると、ささやかなイートインスペースがあります。

あいの里ルクールのイートイン

テーブルはたしか2つ。ドリンクメニューもチラッとあります(写真撮ってませんでした…)

 

今回買ったケーキを見てほしい

コロナ騒ぎの真っ只中なので、イートインは使わずそそくさと自宅へ。

 

じゃん。

ルクールのケーキ

なんか…

写真が微妙ですっごく美味しくなさそう…

 

改めまして、

じゃん!

ルクールのケーキ

これは3歳児がショーケースに目を釘付けにして「これ!」と頼んだやつ。10秒かからずに選んでました。名前は忘れた。上に乗ってるゼリーはラズベリー的な甘酸っぱさを感じました。

あとで3歳児に「なんでこれにしたの?」と聞いたら、「イチゴがたくさんだから」だそうです。

 

次。

ルクールのチョコケーキ

チョコケーキです。お値段リーズナブル。上に乗ってる板チョコがアクセント。自分用に買ったやつ。3歳児が板チョコ欲しいと言ってきましたが、自分で食いました。悪い父親です。

味は普通のチョコケーキ。スタンダードなケーキはやはり良いですね。

この日のお値段は1200円。美味しかったです。

そうだそうだ。3歳児が食べてたイチゴのは「フレジェ」だ。レシートに書いてありましたね。

 

誕生日ケーキで有名なル・クール

このお店、誕生日ケーキが地元ではちょっとした名物になってるんです。

ルクールの誕生日チラシ

サイズ、お値段、味、見た目…

2日前までに注文すれば、お客の需要にぴったり合った誕生日ケーキを用意してくれます。

お店の所在地である北区あいの里は完全なる住宅地。子供も多く住んでいますから、誕生日ケーキの需要はかなり高いはず。最近は最寄りショッピングモールにあったフルーツケーキファクトリーも閉店してしまったので、いよいよこのルクールが担う誕生日ケーキ需要が増えてそうです。

フルーツケーキファクトリーも好きだったんですけどね…残念。

 

since2012。長く愛されてます

2012年と言うと、この文を書いている今で8年目。愛されてますねぇ。

最寄りが「あいの里公園駅」という地元民以外は絶対使わないであろう超マイナー駅(無人駅です!)ですから、遠方から人が来るとはなかなか思えません。が、これからも地域に愛されまくるお店であってほしいと思います。

コロナ騒ぎが終わったら、イートインでコーヒーも頼んでみたいな。

今日のひとこと。

Amazonプライムにキングダムのアニメが入りました。

最新のものは合従軍編の序盤。時間を見つけてちょっとずつ見てます。