逃げログ
元小学校教員12年。今はWebライター。
ライティング

検索意図に応えるためのライティング方法【PREP法】を解説

こんにちは、オット(@otto_kunitati)です。
Webライターとしてリアル受注とランサーズ受注で活動しつつ、こうしてブログも書いています。

さて、この雑記ブログ「逃げログ」ですが、いつの間にか運営期間が1年を突破していました。

自分はSNS方面になんとも疎いので、集客ルートはほぼSEO流入1択です。

常日頃から「どうすればSEOに強い記事が書けるのかなぁ?」という疑問というか興味を持ち、ライターとしてもブロガーとしても記事を書き続けてきました。

 

この記事では、SEOに強いとされるライティングのスタイル「PREP法」について解説しています。

クラウドソーシングで1円案件を大量にこなしたい人、品質の高い記事を書きたいと思っている人でPREP法を聞いたことがないという方がいたら時間を見つけて読んでいってください。

PREP法は検索意図への回答に適したライティング法

PREP法とは、読者に対し伝えたい事柄をわかりやすく伝えられる文章構成方法です。結論を最初に伝えるというのが大きな特徴。

読者が記事に対して興味や集中力を最も強く持っているのは読み始めです。PREP法は読み始めに結論を配置するので説得力が強くなるというわけです。

このPREP法を使ったライティングをすることで、グーグル検索で記事にたどり着いた読者さんに対し、悩みに対する回答をわかりやすく伝えることができます。

PREP法は、Webライティングで意識しなければならない「検索意図への回答」に適したライティング方法なのです。

スポンサーリンク

PREP法を使ったライティングの方法

PREP法は4つの役割を持った文によって構成されたライティング方法です。

その4つは以下の通り。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

それぞれの頭文字をとってPREP法と呼ばれています。

結論

最初の一文で結論を提示します。その項目で読者に知ってほしいことを端的に伝えます。

理由

結論の次に、その根拠となる理由を書きます。

根拠となるWebサイトや書籍、図や表などのデータがある場合、このタイミングで提示すると良いです。

具体例

結論で何を伝えたいかにもよりますが、ここでは何らかの具体例を伝えます。具体例を示すことで、先に説明した理由を強化することができます。

結論を再度提示

最後に結論をもう一度繰り返して終わります。

集中力の高い最初、最新の記憶として残る文末、その2箇所に結論を置くことで、読者に対して結論を強く伝えます。

PREP法を使った文章構成の例

【結論】寒い季節に備え暖かい服を探しているのであれば、タートルネックがオススメです。

【理由】タートルネックは服の襟が首全体を覆います。その構造によって、上半身から出た体温は首元から逃げることなく服と体の間にこもり、上半身全体が暖かい空気に包まれます。

【具体例】10月に入ってからというもの、室内であっても夜はかなり寒気を感じるようになりました。自分はこれまで半袖で夜の室内を過ごしていたのですが、今日久々にタートルネックを引っ張り出して着てみたところ、体全体が明らかに温まる感覚がありました。

【結論再掲】タートルネックは温かい空気を逃さずに服の中に閉じ込めてくれます。寒い時期のインナーなどに、タートルネックはおすすめです。

 

ちょっと雑ですが、だいたいこんなイメージです。

結論は短く。理由はロジカルに。自分のカラーを出すとすれば具体例の部分が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

PREP法がSEOに強い理由

PREP法がSEOに強い理由は「検索意図に応えた価値のある記事」を書けるからです。

Googleの提唱する価値のある記事とは?

Googleは価値のある記事を評価し上位表示すると公式にアナウンスしています。価値のある記事とは、Google検索に打ち込まれた悩みを解決できる記事のこと。読者が知りたいことに的確に答えている記事のことです。

 

PREP法は読者に価値を与えやすい

PREP法で書かれた記事には、読者が知りたがっている答えが結論ファーストでわかりやすく書かれています。同時にその結論を信用するための理由、その理由をわかりやすくイメージするための具体例もセットで書かれています。読者にとっては知りたかったことを知れる理想的なお悩み解決ページと言えます。

 

読者が満足するページはSEOに強くなる

GoogleはWebサイトを見ている読者の行動から様々なデータを取っていると言われています。何分間そのページを見たか。そのページを見た後検索をやり直していたか。そういった行動をウェブサイトへの評価材料としていると言われています。

良い評価をされるのは当然「役に立つページ」。読者は満足するページに巡り合った時、どのような行動を残していくか。Googleはその辺を見ているようです。

 

Googleが求めているのは読者の悩みを解決する価値のあるページ。PREP法は結論をわかりやすく伝えられることから、SEO狙いのWebライティングに適しているのです。

 

スポンサーリンク

SEO流入を狙う記事はPREP法でライティングしてみよう

まとめます。

  • PREP法は結論をわかりやすく伝えるライティング方法
  • PREP法は結論、理由、具体例、結論の順で書かれる
  • SEOに強い記事とは読者の悩みに対し信用できる情報を提示する記事

Webライティングは全部が全部PREP法で書けばいいというものではありません。

目的に応じてその都度最適なライティング方法を選択するべきです。

その目的が「読者に情報を与える」というものだった場合、PREP法は良い選択肢となってくれることでしょう。