逃げログ
元小学校教員12年。今はWebライター。
教員やめた後の人生

教員辞めた後の生活2018年8月

教員を3月で辞めて4,5,6,7,8月と5ヶ月を過ごしました。
最近の状況や思うことを整理しながら書いていきます。自分用。

WEBライターとして

クラウドソーシングに見切りをつける

時給換算すると全く話にならない収入しか得られません。1円ライターで20万30万稼ぐ人って一体どれだけの速度でどれだけの時間をかけているんだろう?

少なくとも限られた時間の中で記事を書いていた自分に同じやり方はできない。
クラウドソーシングの受注は区切りをつけました。

 

近所のコワーキングスペースへの寄稿を通して

一方で、近所のコワーキングスペースの公式ブログと運営会社の公式ブログへの寄稿は続けていました。記名記事であるということと、そこから何かが生まれること、そんなことを期待しながらgiveを続けています。

いつまで続くかはわからない状況ですが、社長との相談の中で実質単価が上がったりとそれなりに前進はしている気がするのでもう少し続けてみようかと。

 

スポンサーリンク

ブロガーとして

雑記への迷い

はてな雑記ブログとしてスタートしたこの逃げログは、現在月およそ30000PVと15000円程度の収入をもたらしてくれています。

ただ、運営には本当に迷うんですね。
「雑記に何の意味があるの?」「雑記ってどうせオピニオンとかネタ記事とか適当にあげるものなんでしょ?」みたいな感じの声や言葉を耳に目にするたびに、普通に手は止まります。

8月は結局6記事。正直このブログはこのまま止まってもおかしくないぐらいに迷っています。

そんな中、時々つまみ食いするように読んでいたクロネコ屋さんのブログを9月9日の夜に改めて全て目を通してみました。

そこには雑記の未来が詰まっていました。
このブログをこのまま止めるにしろ続けるにしろ、クロネコ屋さんのエッセンスを過去記事達に取り入れてみようかと思います。

 

今得ている体験をどうアウトプットするか

9月から新しい仕事をはじめました。学童保育の支援員です。結構大きな経験となるので、どうにかしてアウトプットしたい。

さて、これを雑記に書くか新しく特化を起こして書くか。

ほらまた迷う。
さっさと結論出さんとね。

何でも書けるフットワークが強みのはずの雑記ブロガーが手を重くしてしまう。こんなにアホな話は無いよ。

 

単純にカネが欲しい

ブログを通してカネがほしいです。
単純に収入を得たいです。

こんな下世話なこと、本当だったらいいたくないよ。
でも今の自分はそれが全て。
何をやろうにもまずは生活が安定しないと始まらない。

前職の頃を軽く笑い飛ばせるぐらいの収入が欲しい。そこから逆算してブログを考えていきます。

 

スポンサーリンク

学童保育支援員として

専門のようで素人

教室内に1人でルールを作り1人で運営する教員と違い、学童保育はチームプレー。自分の知識と発想で物事を進めることはできず、合議制のもとに共通理解を図りながら子供の集団を統率していきます。

これがなかなか難しい。自分はかつて教員だった頃、どうすれば大きな声を出さなくても子どもたちを統率できるか、それだけを考えて知識や技術を身につけてきました。

しかし、足並み揃えた指導となるとそれが難しい。学童保育ならではの指導方法を学んでいく必要があります。

 

勉強の必要性

というわけで、教員だった頃と同じように日々勉強を重ねることにしました。

勉強方法は至ってシンプルで、

本を読む

実践する

これだけ。

仕事は強制的なアウトプットの場なので、自分の時間を利用してインプットさえしておけば自動的に勉強になる。

初心者のつもりで、というか実際初心者なんで学童保育を勉強しまっす。

そうすることで新しい視点というかフィルター手に入れたい。多角的な視点で物事を見れる人間でありたい。

 

長くは続かないと直感

ただね、たぶんこの仕事は長くは続かない。

直感だけど、きっと続かない。人と関わりながら働くことが難しくなってるのがわかるんだわ。全力疾走で教員やってた頃の自分にはもう戻れない。自分の中のどっかが壊れてしまっているのがわかる。

とりあえず臨時職員としての任期を勤め上げて、その後どうするかはその時考えよう。ADHD得意のその場判断で。

 

スポンサーリンク

父親として

時間に追われる余裕の無さ

学童の仕事が始まり、それまで余裕をもってやれていた育児がハードモードになった。正直イライラする時がある。

理由は単純、疲れと時間。

時間に追われると焦る。心身(特に心)の疲れが溜まると夜に体が動かなくなる。だんだん気を使えなくなってくる。

予定のない生活がしたいと改めて思ったよ。

理想というか甘えというか、どうとでもバカにできそうなその願望だけど、叶えたいなぁ。

 

満足な教育を与えたい

教育現場にいたからわかる。

教育は環境で決まる。

自分の子供に良い環境を与えてあげたい。

子供が成長して環境を自分で選ぶ場面が来た時、望んだ環境を選ばせてあげたい。

つまりはカネと時間が欲しい。

 

夫として

後ろめたさは減った

月20万程度の固定収入を得ることになったので、家計に対する後ろめたさは減った。

同時に脳みその中を労働が大きく占めることにもなったので、相対的に薄くなってしまった家族への意識が悲しい。

今が一番つらい時だと思って耐え忍ぼうと思う。

 

未来

カネが欲しい

単純にカネがほしいです。そこから逆算して時間使おうと思います。

 

ブログを書こう

収益考えてブログ書きます。

勉強考えてブログ書きます。

8月はひどい記事数だったので9月はもっと書こう。

といいつつもう9月12日なんだけどね。時間が無いのは相変わらず。雑記ブログに手が向かわないのも相変わらず。ブレてます。

ABOUT ME
オット
オット
Webライター。得意分野は教育と発達障害。 新卒から続けていた教員を30代で離職。 以降、住所を東京に変え育児と仕事のバランスを取りつつ日々を過ごしています。 人生の最終目標は「何もしない」をすること。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。