LAWSONのPB納豆を半年食べ続けた。高コスパです

LAWSONのプライベートブランドとして売ってる納豆が最高にコスパ良いです。

家の最寄りコンビニというか最寄り商店がLAWSONなので、自然とLAWSONばかりよく使うようになったんですが、PB商品の魅力に取りつかれてます。

納豆、牛乳、卵が良いですよ。とにかくコスパが良い。店舗によって値段の差はあるようですが、うちの近所のLAWSONはこの3つがとにかく安いんです。

納豆なんて48円で売ってましたし。さすがに最近値上がりしましたが。

 

さてその納豆。市販のいろいろな納豆と比べても、見劣りしないというか、むしろこの安い納豆の方が食べやすいまであります。

柔らかく、美味しく、混ぜやすく、安い。素晴らしい。

一度LAWSON納豆を食べると、市販の納豆が逆に食べにくく感じてしまいました。

 

ところでLAWSONのPB納豆は3種類あるようです。

「やわらか納豆」「極小粒納豆」、そして「北海道産小粒納豆」。このうち北海道のは現地に住んでおきながら何故か食べたことがないので、感想を語れるのは「やわらか」と「極小粒」について。

結論、自分は「やわらか納豆」の方が好きです。店には両方並んでいますが、好きと決まってからは必ずこちらを買うようにしてます。

LAWSONのやわらか納豆

決め手は「混ぜやすさ」。蓋を開けて、タレを入れて、その後ですよ。箸でかきまぜる際、混ぜやすさがまるで違うんですよね。やわらか納豆はサササッと箸が通るんです。これはもう一つのPB「極小粒納豆」にも他の市販納豆にもない特徴。

この特徴が平日朝のアホみたいに忙しい秒単位生活を絶妙にアシストしてくれます。実際は大した差ではないと思うんですが、精神的にとても救われます。このサササッと感。

味も普通に納豆ですし、値段なんてこの前まで48円でしたしコスパ良すぎます。最近68円に上がっちゃいましたが。

発酵食品としても食物繊維の摂取源としても、一日一つは食べておきたいと思っている納豆。自分は断然LAWSON「やわらか納豆」です。

コメント