アプリ

Windowsで動画編集がしたい!Filmora無料版を使ってみた感想

Windowsで動画編集をしたい!
そう思ってWindowsの素人があれこれ試行錯誤するシリーズ記事です。

今回はFilmoraというソフトを使おうとしてみました。
結果は残念でしたが、一つの失敗談としてここに残します。

Mac好きの自分がWindowsで動画編集をすることに

自分は普段Macを使っています。
MacではiMovieを使ってよく動画編集をしています。

そんな自分が今回、初めてWindowsで動画編集をやってみたくなりました。
ゲーミングパソコンとして使っているWindowsマシンでプレイ中のゲームを録画することを覚えたので、その動画をそのままWindowsで編集したくなったのです。

動画編集ソフト「Filmora」

ネットで方法を検索してみると、Windowsでの動画編集には色々な方法があることがわかりました。

その中で今回自分が選んだのは「Filmora」。上位ページで紹介されていた無料の動画編集ソフトです。

filmora.wondershare.jp

ここからは画像を交えてFilmoraの紹介を。

2種類の編集モード

f:id:tabisen:20180308210332p:plain

Filmoraには【高度編集モード】【簡単編集モード】の2種類の編集モードがあります。

高度編集モードでは、動画を切り取って張り付けたり、色々な効果で飾ったりとよくある動画編集機能が使えます。

簡単編集モードでは、動画を切り取ったりはせず、好みの音楽をつけたり画面を枠で囲ったりといった編集ができます。

自分は今回、動画の一部分だけを再生できるように切り取る作業がしたかったので、高度編集モードを使いました。

わかりやすい動画編集画面

f:id:tabisen:20180308210337p:plain

iMovieで慣れ親しんだあの画面に近い感じの作業画面です。

実際に使ってみると、何の解説も読まなくとも、直感で大体の編集作業ができました。

自分のような初級者が使う動画編集ソフトとして申し分ない仕様だと思いました。

無料版だと動画にロゴが入ってしまう

使い方を覚えながら、Filmoraでの動画編集をサクサクっと終え、いよいよ作った動画を保存する段階になりました。

さっそく保存しようとすると雲行きが怪しくなります。

f:id:tabisen:20180308210341p:plain

ん?無料版だとウォーターマークが入る?

これはいけない。苦労して編集した動画もそんなロゴが入ってしまっては見栄えがよくありません。

編集自体は無料版でも十分行えますが、保存がこの仕様ということでFilmoraは実質有料ソフトですね。

ちなみに有料登録するとお値段7980円。
しがない30代おっさんの自分には簡単に手を出せる額ではありません。
というか、「Macならこれ無料でできるのに」と思うと手を出す気にもなりません。

今日の動画編集は残念ながらここまで。
失敗です。でも面白かった。

まとめ「無料かと思いきや実質有料だった」

  • 動画編集ソフトFilmoraを体験
  • 使い勝手はiMovie風でわかりやすい
  • 無料版では実質何の役にも立たない

「動画」「編集」というキーワードで検索して出てきた上位サイト達で紹介されていたFilmora。
使用感自体は直感的でわかりやすく、これは手になじむぞ!と思ったのですが…

動画を出力しようとしたら、映像の中に「Filmora」というロゴが入ってしまいます。

これでは役に立ちません。
かといって貧乏性の自分には有料登録する気力もありません。

というわけで、今回の動画編集チャレンジは失敗に終わりました。
他に何か良い動画編集ソフトはないかなぁ?

いつでも雑誌立ち読みし放題

月額380円で有名どころの雑誌が読み放題になる楽天マガジン。
最初の31日間は無料体験。
好みに合わなければ無料期間だけでの退会もできます。

自分は楽天マガジンを始めてからコンビニで立ち読みしなくなりました。

【楽天マガジン】200誌以上の雑誌が読み放題!