授業

子供の読書力を育てるための音読練習

子供が読書をしない

朝読書の時間でも漫画や図鑑ばかり選んでしまう

もっと学年相応の本を読んでほしい

こんな悩みを抱えていた若手教員だった頃の自分に向けて、体験と読書から得た知識を書いてみます。

考え方は「読書スキルの不足」。読みなさい!ではなく、読む技術を教えていく方針。

音読練習が読書する子を育てる

学級の子供達に読書をさせたいのであれば、音読指導に力を入れるべきだと思います。音読スキルをコツコツと身につけさせることで、やがて子供達には本を読む力が身についていきます。

最近の教科書は「話す」「書く」を育てる単元が増えており、その分「読む」単元は減っています。ですが国語のキモはやはり「読む」だと思うんですよね。読む力があるからこそ、本を自分で読むことができる。問題文を自分で読むことができるようになるんです。

読む力はすべての教科、そして人生において重要なスキルであり、それを育てるのが音読練習だと自分は思っています。

 

読書しないのは読書が「できない」から

子供達がなかなか読書をしない。その原因はいくつか考えられますが、大きなものとして「読書スキルが足りていない」ことが挙げられます。

本を持ち、目で文字を追い、内容を脳にインプットする。そのスキルが育っていないのです。

これは読書に限った話ではありません。子供達が何かをやらない、関心意欲が低いという場合、その原因は「それができないから」である場合がとても多いんです。

できないからやらない。できなかったからやらない。意欲とスキルは密接につながっています。

だからスキルを教えてあげれば良い。そして読書スキルを教えたいと思った場合、音読練習が効果的な方法となります。

 

音読スキルの向上が黙読スキル獲得につながる

なぜ音読のスキルが読書につながるのか。それは音読力の向上により黙読する力が育つからです。

読書という行為は黙読です。黙って文字を目で追い、脳に内容を入れていく。読書=黙読なんですね。

ここで一つ考えてみてほしいんです。読書スキルを持つ我々大人がまさに読書をするとき、黙読するとき、「脳の中で音読をしている」感覚がありませんか?

今この文を読んでいる時もそうだったと思うんですが、黙読というのは「心の中の音読」なんです。高度な音読であると言えます。

子供達に読書(黙読)をさせようとする場合、その前段階である音読を練習することで、やがて次のステップである黙読もできるようになるのではないか。スモールステップの考え方です。

 

授業の中で音読を取り入れ読書習慣を

子供達に読書の力をつけさせたい。他教科の教科書やテスト問題を読めるようにしたい。

それならば意図的に音読をさせていきましょう。国語の時間の10分15分を音読に充ててみましょう。

音読指導はやってみると色々バリエーションがありますので、案外飽きずに続きます。詩の暗唱も良いですし、低学年であれば音読検定や暗唱検定をやるのも熱中します。

子供の姿や特性を見極めながら、合った音読指導を継続してあげることが、子供達の読書スキル獲得につながると自分は考えています。

教員系記事をnoteへ移行します

教員系の記事を別サイトへ移行します。趣味でやってるこのブログと仕事である教員を分けたい気分になったので。

noteという場所で毎日何かしら書いているので、よければそちらでお付き合いください。

note「田舎の臨時教員生活」