逃げログ
パワハラ離職後にやった行動、学び、気づき、思い。
コーヒーを学ぶ

コーヒー豆の保存方法について

焙煎が済んだコーヒー豆はその瞬間から生鮮食品です。
美味しいはずの高級な豆も、焙煎後に時間が経ってしまうと本来の味を楽しめません。

コーヒー豆の保存方法には諸説ありますが、今回は筆者がこれまでに収集した大量の情報の中から手ごたえを感じ現在も採用している保存方法について紹介します。

コーヒー豆を2週間以内で飲み切る場合は常温保存

コーヒー豆は、焙煎後2週間以内をめどに飲み切るのが理想です。

常温保存の場合の保存方法は以下の通り。

  • 豆を購入後、全ての豆を袋から出し容器に入れる
  • 容器は密閉できるキャニスター型がベスト
  • 容器を置く場所は温度管理を重視。熱にさらされる場所は厳禁

筆者はカルディのコーヒー豆保存用の容器を使っています。

もっと雰囲気の良い容器が欲しいと思うこともありますが、思った次の瞬間脳内から消し飛んでしまう性格なので、もうずいぶん長い間カルディ容器です。

容器を選ぶ際は、フタにゴム素材が使われていて気密性の高いキャニスター型を選ぶといいですよ。

容器を置く場所ですが、意外とやりがちな失敗がキッチンのコンロ近くに置いてしまうこと。
特にコンロの上に棚を吊るしてそこに容器を置いちゃったりするわけです。
コーヒー豆は熱にさらされると表面に脂分が浮き、それが時間の経過で酸化すると風味を著しく損ないます。

できるだけ熱や直射日光に触れない場所を選んで容器を置いてください。

スポンサーリンク

コーヒー豆の消費に2週間以上かかるなら冷蔵庫or冷凍庫で保存

焙煎豆を買える店が遠いなど、なかなか豆を小分けにして買うことができない場合は2週間を超えて保存する場合もあると思います。

2週間を超えて保存する場合は冷蔵庫や冷凍庫を使いましょう
特に冷凍庫であれば、1ヶ月ほど鮮度を保つことが可能です。

ただし、冷蔵庫冷凍庫での保存には注意点があります。
それは外気との温度差で豆に水滴がついて劣化してしまうことです。

豆を入れた容器ごと冷蔵庫から何度も出し入れすると、容器の内側に水滴がついて豆を劣化させることになってしまいます。

このことから、冷蔵庫冷凍庫で保存する際は、常温保存の容器ではなく小さな袋などに一杯分ずつ豆を入れて一つずつ取り出せるように保存するのがいいでしょう。

また、冷蔵庫から取り出した豆は、必ず常温に戻してから使うようにしてください

スポンサーリンク

まとめ「コーヒー豆は2週間で飲める量を買って常温保存。冷蔵庫を使う場合は注意点あり」

  • 2週間以内の保存であれば常温保存
  • 2週間を超える場合は冷蔵庫や冷凍庫で保存
  • 常温保存では高温にさらさないようにする
  • 冷蔵庫冷凍庫保存では結露で豆が濡れないよう配慮を

 

「コーヒーは酸っぱくて苦手」

「コーヒーを飲むと胃が痛くなる、具合が悪くなる」

よくある悩みですが、これらの方々はこれまで鮮度の落ちた質の低いコーヒーを飲んでいた可能性があります。

適切に焙煎され鮮度を管理されたコーヒーは、よく言われるような「酸っぱい味」がまるでなく、胃のムカムカも起きない素敵な飲み物です。

ぜひ焙煎豆専門店でコーヒーを豆の状態で買い、鮮度を管理しながら最高の一杯を目指してみてください。
一度好きになると楽しい世界ですよ。

スポンサーリンク

記事中に出てきたコーヒー用品の紹介です

カルディオリジナルキャニスター缶

筆者愛用の品です。フタにゴムがついていて、高い気密性を発揮してくれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルディ オリジナルキャニスター缶 ブラック 1個
価格:410円(税込、送料別) (2017/12/24時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルディオリジナル キャニスター缶 赤 1個
価格:410円(税込、送料別) (2017/12/24時点)

珈琲きゃろっと

コーヒー未開の地に住む筆者が愛用している焙煎豆の通販のお店です。
甘い味と素敵な香りの豆を買うことができます。

近くに焙煎豆を買えるお店が無い場合にどうぞ。

珈琲きゃろっと

下の紹介記事の中では珈琲きゃろっと自慢の一風変わった商品も紹介しました。

あわせて読みたい
珈琲きゃろっとのカフェスト
珈琲きゃろっとのカフェストで美味しいコーヒーを飲もう自分も長く愛用しているコーヒー焙煎のお店「珈琲きゃろっと」。 美味しく香りの良いコーヒー豆を通販で買うことができるお店です。 ...