ブルーライト徹底削減計画

ブルーライトカット計画第3章~目に優しい眼鏡を選ぼう~

ブルーライトを徹底対策するこのコーナーもこれで3回目。

あわせて読みたい
ブルーライトカット計画第2章~パソコンスマホにフィルムを貼ろう~ライター活動してたら目が逝きかけてるので至急ブルーライト対策を始めました。今回はフィルム購入編です。...
あわせて読みたい
ブルーライトカット計画第1章~目に優しいパソコンスマホの設定~ライター活動をしていたら疲れ目の症状が出てきたので、徹底的に調べて全ての対策をとることにしました。...

だいぶブルーライト対策のイロハが把握できてきました。

今回は眼鏡選び。ブルーライトカット眼鏡というジャンルについて、効果と値段、口コミについてまとめました。

自分の眼鏡は折れたフレームをアロンアルファでくっつけて無理やり使っているというもの。いい加減買い替えたいので真剣に調べてきましたよ。

ブルーライトカット眼鏡の効果と概要

ブルーライトカット眼鏡はその名の通りブルーライトを遮断する眼鏡です。どの程度遮断するかは眼鏡のブランドやシリーズによって違い、今回調べた中では軽いもので25%、中には50%というものまでありました。

ブルーライトカット眼鏡を選ぶにあたって各メーカーが差別化しようと意識していたのが「レンズの色」。

ブルーライトカット眼鏡はその性質上、どうしてもレンズに薄い色がつきます。カット率が低いものであればほぼ透明、逆に高いものになると薄いサングラスぐらいの黄色がレンズにかかってしまいます。

その色をいかに透明に近づけるかが各メーカーの努力の焦点となっていて、実際ユーザーの口コミも見た目の色や視界の色に関するものが多く語られていました。

スポンサーリンク

ブルーライトカット眼鏡の値段

ブルーライトカット眼鏡を選ぶ中で、自分が買いたいと思えたのは「ZOFF」「JINS」という2つのメーカーの品。この項目では2社が扱うブルーライトカット眼鏡の値段を紹介します。

ZOFFのブルーライトカット眼鏡の値段

ZOFFの眼鏡販売のシステムは、まず基本のフレーム代&レンズ代として5000円で固定。そこからフレームをブランド物に変えたりレンズを薄い高性能なものに変えたりするごとに追加料金が加算されていくという仕組みです。

さて、そのシステムでブルーライトカットレンズにしたいと思った場合、レンズ代を加算することになります。

度なし、度あり、度あり非球面の3パターンの値段はこの通り。

度なし  5000円
度あり球面レンズ  8000円
度あり非球面レンズ  10000円

 

ZOFFのブルーライトカット眼鏡のカット率は一律50%。これは業界でも相当高いカット率です。さぞレンズの色は黄色がかっているんだろうなと思う所ですが、ZOFFの公式サイトを見る限り、レンズの色を透明に近づけたのがZOFFレンズのメリットだとのこと。これは是非一度店頭で実物に触れてみたいところです。

JINSのブルーライトカット眼鏡の値段

続いてJINSのブルーライトカット眼鏡です。
まずはブルーライトのカット率ですが、ZOFFの一律50%に対し、こちらは25%と40%の2種類がラインナップされています。レンズや視界の色、受けるブルーライトの量から自分で遮断の強度を判断できるということですね。これはありがたい。

気になる値段はこの通り。

度なし25%  5000円
度なし40%  5000円
度あり25%  10000円
度あり40%  10000円

25%と40%に価格の違いはなく、度が入っている場合は価格が高くなるという内容ですね。

レンズの色については公式サイトの写真を見る限り、25%の方は限りなく自然な見た目、40%の方もそこまで黄色くはないと自分は思いました。これも一度店頭で見る必要がありますね。

スポンサーリンク

ブルーライトカット眼鏡の使用感、口コミ

自分は今のところ「ZOFFの度あり」「JINSの40%度あり」にしようかと思っています。この項目では他の人達がどんな感想をもっているのかをできる範囲で調べてみました。

目が乾きにくいのは大切、自分の場合、目が痛いなぁって思って視線を斜め上にすると涙がドバっと出てきます。それまでは乾いているってことなのかな?

 

やっぱ黄色いんですね。まぁ実際見に行って確かめてみましょう。

 

視界の色はやはり変わるとのこと。でも目が楽になるなら許せます。

 

とりあえず口コミはここまで。大体雰囲気はつかめたのであとは実際に店に行ってみましょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ「ブルーライトカット眼鏡のポイントはレンズの色と見え方」

集めてきた情報を記事に整理している自分の横で、嫁が「これいいよ!」と何度も進めてきたのが「ALOOK」という眼鏡屋さん。

あまりにもオススメされたのでALOOKについてもちょっと調べてみようと思います。

どうやら5月の末にモンハン眼鏡なるものがALOOKから発売されるようで、自分としてはそっちが気になりますね。

 

さて、ブルーライト徹底削減計画ですが、次回は栄養の話に移っていきたいと思います。

ここまでは体の外でブルーライトを遮断する方法を調べ続けてきましたが、ブルーライト対策は体の中、眼球の中でも行われているんですよ。