逃げログ
元小学校教員12年。今はWebライター。
ブログ運営方法

ブログを始めたいけど何も書くことがないという悩みへの回答

https://tabisen.net/entry/blog-1man/

この記事を読んだリアルの友人から聞いた悩みです。

ブログ始めてみようと思ったんだけど、何書いたらいいかわからないんだよね

たしかに、「何でもいい」とか「好きに書け」なんて言われても逆に難しいのかもしれません。

というわけで今日はその「何でもいい」や「好きに書け」について、リアル友人2人に語るつもりで自分の考えを書き出します。

自分の心が動いた瞬間をネタに書く

自分の心が動く瞬間、ありますよね。
何でもいいんです。感動、驚き、悲しみ、喜び、苦しみ、妬み
1日生活していれば、どこかで必ず何かの感情が沸き起こるでしょう。

「テレビアニメの最終回で泣けた」
「突然戦闘機の音が鳴り響いて驚いた」
「犬のウ〇コ踏んだ!悲しい…」

それを記事にするんです。

優れた文章とは、読み手の心を揺さぶる文章。そして行動を起こさせる文章です。
自分自身が心揺さぶられた出来事をリアルに書き出せば、読み手もそれを追体験して同じように心を揺さぶられる。

ブログ運営を半年間試行錯誤した結果、今のところ自分はそう考えています。

スポンサーリンク

どうやって書くの?

まずは自分の中に沸いた感情を素直に書く。
そして何故その感情が起こったのか、状況説明をする。

文だけでやってもいいし、写真や図なんかを混ぜてもいい。
自分の心が揺れ動いた瞬間とそれに至った状況説明を文章に書き起こせば、それでもうあなただけのブログ記事はひとまず形になります。

スポンサーリンク

それを繰り返せば儲かるの?

儲かりません。
多くの読者を集め収益につなげたいと考えるのであれば、あと一つ手間を加える必要があります。

それが、文章に情報としての価値をもたせること

例えば外食した話をするのであれば、文章の中にメニューの一覧や価格、一覧でなくても自分が気に入っておすすめしたいメニューなんかを載せるんです。座席数とか待ち時間なんかもいいですね。

ただし!
今並べた情報なんてのは基本中の基本。「ぐるなび」とか店の公式サイトなんかをサラっと眺めればすぐに手に入る情報です。
同じことだけ書いたんでは情報として希少性はまだ足りないんです。

そこであなたの記事には更に味つけをします。ぐるなびだとか店の公式だとか、企業の物量作戦と戦ううえであなただけに用意された最強の武器、「個人の目線と感想」を使いましょう。

赤ちゃん連れでその店に行ったのであれば、赤ちゃん用メニュー赤ちゃん椅子ベビーカーを押して移動するための動線確保など、赤ちゃんを連れている人にしか見えない景色が必ずあります。それを書くんです。

他にも、仮にあなたが大食いデブであればそれを使えばいい。「デブの俺が選んだメニューはこれ!」「この店はライスおかわり自由のフードファイター注目スポット!」なんて書けば、日本全国に散らばる1億2000万人のデブ同志にとっては貴重な情報になります。実際自分も元デブなんでその情報ふつうに欲しいです。

スポンサーリンク

ポイントというかコツというか

記事を書くうえで肝心なのは、体験とそれに伴って発生した感情をいかに覚えておけるか。
実際一瞬一瞬の感情を覚えておくなんてのは人間不可能ですので、あとはいかに細かくメモできるかという話になります。

  • 日常の中で常にメモを書き残す準備をすること
  • できれば写真も撮っておくこと

この辺に気を付ければ一気に文章は書きやすくなると思いますよ。

自分の場合、メモはEvernoteを使っています。
とは言っても気分によってはiPhoneのメモだったりしますが。テキトーです。
要は書ければ何でもいいと思います。

Evernote
無料
(2018.05.02時点)
posted with ポチレバ

そうそう、はてなブログのアプリで記事タイトルだけ入れて下書き保存なんて方法も面白いですよ。
はてなブログは単体でも素晴らしいブログサービスですが、ワードプレスの下書き所にするなんて使い方もあります。そんなことやってるのは自分だけかもしれませんが。

はてなブログ
無料
(2018.05.02時点)
posted with ポチレバ

 

目標は検索で上位表示させること

ここまで書いてようやく収益化が期待できる記事の完成です。

目標は書いた記事をGoogle検索で上位に表示させ、多くのユーザーを自分のブログに呼び込むこと。

そのために行うのが、情報としての価値をしっかりともった記事を量産することです。

 

もちろん、検索で上位表示させたいのであれば他にも配慮する点が山ほどあります。

タイトルや見出し、サーチコンソールでの検証、リンクの整理、等々。言い出せばキリがありませんしメチャメチャ深い世界です。

が、まずは記事の中に「個人目線の情報を加える」という味付けをすることから始めるのがいいんじゃないかと思います。

 

まとめ

  • 1日の中で自分に沸いた感情をネタにする
  • 感情を正直に書き、それに至った状況を説明する
  • 価値のある情報を加える

犬のフンを踏んだ。悲しい。春はフンが多いから注意して歩くべきだった。歩いていた場所は〇〇町の交差点。フンが多く落ちている場所だから注意されたし。その後靴についたフンをネット情報をもとに洗濯したのでその方法をここに紹介しておく。

さすがにアホな記事ですが、ノリとしてはこんな感じです。

 

まじめに書くとこんな感じ。
赤ちゃんを起こさずにコーヒー豆を挽けたという「喜び」「驚き」と共にその方法や商品を紹介。あわよくば同じ悩みをもつ人の参考になればという価値をもたせようとした文章です。

赤ちゃんを朝起こさずにコーヒー豆を挽くことができた話

 

以上、ブログを始めたいなぁと言っていたリアル友人に向けたピンポイント記事でした。
ブログのことを5%も理解していないような人間が書いた信ぴょう性に欠ける文章ですが、騙されたと思って参考にしてみてください。