逃げログ
パワハラ離職後にやった行動、学び、気づき、思い。
ほしいもの

イヤホン新時代。音楽だけじゃない。クリアな通話や恥ずかしくないSiriとのやり取りが可能

flick!という雑誌を読んでいると、面白いガジェットが目に入りました。

ambieワイヤレスイヤーカフ。
一言でいえば、耳をふさがないイヤホンです。

始めは何だこれ?と思ったんですが、よくよく記事を読んでみるとなかなか面白いですよこれ。
欲しくなりました。

とは言ってもお値段がお高いので自分は手を出すことは無いでしょうが、いい品なので情報を拡散しておこうと思います。

安全。クリアな通話環境。恥ずかしくないSiri

音楽と周囲の音を同時に聴くことができる

ambieワイヤレスイヤーカフを使うと、音楽を聴きながら周りの音も同時に聞きとることが可能。Flick!の記事では部屋に置いたスピーカーから音楽が鳴っているような感覚と紹介されています。

  • 道を歩いていて車の音が聞き取れない
  • 職場で人と会話するたびにイヤホンを外さなければならない

ambieワイヤレスイヤーカフはこういった悩みを解決する手段になります。

え?職場でイヤホン使うな?
集中するために使いたい人もいるんです。
それくらい許される社会にしましょうよ。

ストレスフリーの通話ができる

ambieワイヤレスイヤーカフにはイヤホンジャックがついています。これを使って当然通話も可能。

イヤホンを使った通話って便利ですよね。相手の声がクリアに聞こえますから。
ambieワイヤレスイヤーカフを使うと、そのクリアな通話が常時可能になります。
いいですね。首筋をタッチして通話開始。なんだか未来に生きる人みたいです。

電話の音を聞きとるのが苦手な人、電話の着信になかなか気づけない人もこれで安心。
はい、自分のことです。電話嫌い。でもこれならいいかも。

Siriとの新しい付き合い方。命令はささやき、返答は自分だけが聞ける

そのイヤホンジャックではSiriとの会話もできます。

  1. 首筋のボタンを長押ししてSiriを呼ぶ
  2. イヤホンジャックからささやくように命令する
  3. 自分だけに聞こえる声でSiriが応答する

これすごいですよ。
何がって、外でも恥ずかしくないんです。

自分みたいな人間は外の喧騒の中で「ヘイシリ!!」なんて言えたもんじゃありません。
恥ずかしすぎます。

でもこれなら良いですね。
首筋にサッと手を当ててコンピューターに指示を出す。
完全にドラえもんのセワシ君たちが生きる世界の姿です。

スポンサーリンク

ambieワイヤレスイヤーカフの特徴

大体どんな製品かはお伝えできたかと思いますが、一応製品の概要もちらっと紹介。
しっかし本当に欲しいですよこれ。

連続再生は6時間

ちょっと心もとないですね。
Flick!の記事でももっとバッテリー大容量にすればいいのにと書かれていました。

USBで充電できるとのことなので、モバイルバッテリーとの相性がよさそうです。

そうそうモバイルバッテリーと言えばAnker PowerCore Fusion 5000。あれ欲しいんですよ。

 

音漏れがない

耳を塞がないのに音漏れしないの?

と気になったのですが、公式サイトを見てもFlick!の記事を見ても、ひどい音漏れは無さそうです。

この辺はソニーの技術を駆使して音漏れしない構造を考え出したとのこと。
最初はてっきり骨伝導なのかなと思ってたんですが、ソニーの技術は世界一ィィというやつですね。

ワイヤードモデルもある

スマホとケーブルでつなぐモデルもあります。
こちらはお値段もお手頃。

んー、でもワイヤレスが魅力なんだよなぁ。
この辺はその人の好みが出るところですね。
こうやって選択肢を用意してくれているのは好感が持てます。

↓ワイヤレスモデル
[itemlink post_id=”1483"]

↓ワイヤードモデル
[i[itemlink post_id=”1484"]p>

スポンサーリンク

今回の情報源「Flick!」と楽天マガジンの紹介

Flick!は読みやすい文章量のガジェット誌。毎月20日発売

Flick!公式ブログ

自分はFlick!という雑誌を読んでいたことでこの商品の存在に気付くことができました。

Flick!は紙の本ではありません。
電子書籍専用の雑誌です。
この後紹介する楽天マガジンのようなアプリなどを使って読むことができます。

世の中には色々なガジェット誌がありますが、自分はこれが最近のお気に入りなんです。
文字の量、文字の大きさ、編集のスマートさ、テーマを絞った紹介。
ガジェット誌にありがちな膨大な情報量の説明とは一味違う、気軽に読める感じが気に入っています。

世の中、どんなにいい商品が開発されても、その存在を知らなければユーザーが手に取ることはできませんからね。
今後もFlick!には良い感じの情報をたくさん発信してほしいです。

Flick!は楽天マガジンで読めます。月額380円は安すぎる

そのFlick!ですが、自分は楽天マガジンというWEBサービスを使って読んでいます。

良いですよこれ。

  • 月額380円
  • スマホ、タブレット、PCで雑誌が読み放題
  • 紙媒体の発売日と同じ日に配信開始
  • 最初の31日は無料

明らかに価格設定おかしいです。
これ使ってから自分は雑誌買ってませんし立ち読みすらしなくなりました。
いいんでしょうかねこれ。

ラインナップもまた超絶豪華。

  • 週刊アスキー
  • Mac Fan
  • ファミ通
  • CLUB HARLEY
  • オートバイ
  • DUCATI Magazine
  • サッカーダイジェスト
  • PRESIDENT
  • 実践障害児教育
  • AERA

自分がよく読む雑誌だけ抜き出してもこれだけあります。
本当に380円でいいのか、出版社潰れないのか不安になります。

とにかく便利なので、一度使ってみてください。
ほんとに生活変わります。

公式サイト
楽天マガジン