子連れライター生活
Webライター

発信よりも交流を。中小企業のTwitter運営の基本姿勢

最近の自分の仕事はもっぱら中小企業に対してブログやSNSの導入と運用の方法を伝えること。

実際に相手と会うのは営業担当の人達がやるんで、自分は方針ぎめと資料作成をひたすらやってます。

さて、今日は企業のTwitter活用の基本姿勢について語ろうと思うんですが、言いたいことは一つだけです。ほんと一つ。

巷にはTwitterを使った情報発信や分析、戦略といったノウハウが色々転がっていますが、それをたった今興味をもったばかりの年配の社長さんに伝えようと思っても、たぶん効果ないですよ。

だったら自分はこれから話す「基本姿勢ひとつ」だけを伝え、少しずつ気づきと改善を一緒に進めたほうが良い気がするんですね。その基本姿勢について語ります。

Twitter運用の基本姿勢【ユーザーとの交流第一主義】

自分のお店のお客さん、自分の商品について言及している人、こういったユーザー達との交流を第一に考えるのが良いんじゃないかなと自分は思います。

広告は嫌われる。口コミは信用される。

以前このような記事を書きました。

企業がSNSアカウントを始める理由SNSの企業垢についてプロレベルで理解しなきゃならん状況に陥りました。なので色々勉強してます。この記事はそのアウトプット用。日向小次郎がボール蹴るための壁みたいなもんです。...

記事の要旨をまとめると以下の通り。

  • 公式SNSを始める企業が増えている
  • Webの世界では広告が嫌われている
  • 知人友人有名人の口コミは信用されている
  • SNSを使って企業は知人友人になろうとしている

多くのユーザーにフォローされた企業アカウントは口コミの雰囲気を纏った新しいスタイルの広告をうつことができます。

大企業であっても中小企業であっても、ユーザーにより刺さる発信をしたいというのがSNS運用の目的でしょう。

 

一方的な発信だけでは従来の広告と何も変わらない

Twitterアカウントを作って、毎日自社が保有する最新情報や専門分野のノウハウを精力的に発信する。

たしかにそういう戦略はあります。正しいと思います。

ただ、それら一方通行的な発信だけをするというのは何か違う気がするんですよ。

それじゃあテレビCMや新聞広告とやってることは同じです。

表示されてもうまい具合に視界から無かったことにされるWeb広告と同じです。

 

Twitterを使ってユーザーに刺さる広告を打ちたいのであれば、一方通行的な発信以外のSNSならではの発信が必要だと思います。

 

SNSはコミュニケーションツール。ユーザーと話そう!

Twitterの強みは気軽なコミュニケーションとリアルタイム性。

「この人と話したいなー」とチラッと思った次の瞬間、パパっと短文を書いて相手に送りつけることができるんです。(返事が来るかどうかは別問題ですが)

相手が中学生だろうと大統領だろうと、声をかけるだけなら手早く自由にできちゃうんですね。

 

そういう仕様なんで、Twitterの世界では無数のユーザーが気の合う仲間同士で日々おバカな会話をしたり、頭の固い議論をしたり、新しい仲間を見つけたりしています。

Twitterってコミュニケーションツールなんですよ。

で、企業の側に立って自社の利益を求めてTwitterを使おうとする場合、その大前提を忘れてしまうんです。

ついつい自社の魅力やお得情報をユーザーに伝えることに熱心になりすぎちゃうんですね。

これじゃあ広告の臭いがプンプンするだけ。ユーザーの脳内にある「広告遮断装置」が発動しちゃいます。全く刺さりません。

 

話しましょう。無数のTwitterユーザーの中から自社の既存顧客や潜在顧客を見つけ出して、声をかけていきましょう。

企業の代弁者ではなく、企業に務める一人の人間として、体温を纏った声がけをしていきましょう。

ユーザーとの会話第一主義。企業アカウントが無意識に避けているその行動こそが、企業Twitterの戦略を成功させる基本姿勢なのではないかなと思います。

 

Twitterで自社に関係するユーザーを見つける方法

この項では具体論を語ります。手順です。

既存顧客や潜在顧客といった自社に関係するユーザーを見つけ出しコンタクトをとる方法を解説します。

エゴサーチ

エゴサーチ、自分の名前で検索をかけることです。

Twitterの検索窓に以下のような語句を入れて一日に何度も検索をかけます。

  • 会社名
  • 代表的な商品名サービス名

これらについてのツイートをしているユーザーが見つかりますので、一つ一つリアクションをしていきます。

「〇〇買ったよ!」
→購入ありがとう御座います!△△なところが私も気に入ってます

といった具合に、担当者の自然な表現でユーザーに話しかけるといいです。

いわゆる接客ですね。ノリの良い接客、かしこまった接客…担当者のカラーで好きにやればいいと思います。

 

ユーザーとつながろう。上から目線ではなく同じ人間として

Twitterはチラシとして使うよりも接客の場として使いましょう。

コールセンターにでもなったつもりで。

店頭販売の接客担当にでもなったつもりで。

ニュースツイートや専門性を生かしたツイートも大切ですが、一番はユーザーとの何気ないやりとりだと自分は思っています。

目指すはユーザーの知人友人のような存在になること。

 

 

以上、そんなことを仕事では伝えています。

あまり数字数字言わないテキトーなSNS戦略でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。