小学校教員時代の記憶

公立小学校の存在意義とは

公立学校教員のブラック労働問題、盛り上がっていますね。

正採用教員の志願者数は年々減り続け、

臨時採用教員は探せど探せどアテがない状況。

 

予想ですが、保護者が公立学校を見限り我が子を私立学校やその他民間の教育機関へ入れようとする動きが加速していくと思っています。

現在も都市部ではわりとその傾向はありますが、それが思いっきり加速するんじゃないかと。

それに呼応するように民間企業が資本を投入して魅力的な教育環境を次々と作り上げて其のニーズに応えるんじゃないかと。

私立学校はもちろん、学習塾が生徒指導やキャリア教育等の機能をもち始める「塾の学校化」も出てくるんじゃないかなぁと勝手に思ってます。

 

そんな状況の中で、思うんですよ。

公立学校ってそもそも社会においてどのような役割を担っているんだろうって。

  • 充実した教育
  • 他県よりも優れた数字を出し合う教育
  • 画期的な新しい教育

この辺を目指して研究なり独自の取り組みなりしちゃってるのが今の公立小学校だと思うんですが、

それちょっと違うんじゃないかなぁって感じます。

 

自分が思う公立小学校の存在意義。

それは「学びのセーフティーネット」です。

 

たとえ塾も私学もない僻地に住んでいようと、

たとえ家庭にお金が全く無かろうと、

そこにいる子どもたちに学びの機会を保証する。

 

日本の社会において本来公立学校が担っている役割とはそこだと思うんですよ。

 

話題を冒頭の私学隆盛の話に戻します。

今後私学や塾は「良い教育」を求める保護者と子供で溢れることでしょう。

都会に住み多少のお金をかけることで入れるその環境ではきっと素敵な教育が行われることでしょう。

 

じゃあそこに入れない子はどうなるのか。

誰がその子に教育環境と成長を保証するのか。

公立小学校です。

公立小学校が今後目指すべき姿はそこにあると思います。

 

先進的な授業?

そんなの教育大付属小にやらせればいいです。

 

学力向上?他県に追いつき追い越せ?

そういう競争原理は民間企業にやらせればいいです。

 

公立小学校が目指すべきは80点の子を100点にする教育ではない。

20点の子を80点にする教育だと思うんです。

子どもたちの学びの最後の砦として、公立小学校には純粋に子供の成長と幸せを願う場であってほしい。

そう思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。