逃げログ
多摩地方在住、在宅Webライターの日常
ライティング

Webライターのブログ代筆案件は語尾の調整で雰囲気を操ろう

Webライターのブログ代筆案件は、クライアントさんの求める文章の雰囲気を聞き取って実現することがクオリティの提供手段になります。

今回は、自分が行なっている文章の雰囲気を操る方法とそのトレーニング手段を紹介します。

有名ブロガーの文章を語尾だけ真似する練習

ブロガーの文章を語尾だけ徹底的に書き出してみる

みなさんそれぞれ憧れるブロガーさんっていると思います。

その誰でもいいんで、記事を一つ見繕ってその文章の「語尾」だけを全部書き出してみてください。

です。です。ます。です。ません。でしょう。ます。!

みたいな感じで。

 

写経するブロガーさんによっては

オワコン!クソです!ですけどね!ありえません!

みたいな危険な語尾メモになったりもしますが笑

 

求められた雰囲気によって語尾を使い分ける

Webライターをやっているとちょくちょく見かける「ブログ代筆」の案件。

これは慣れるとなかなかいい収入になるんですが、当然やる上でのコツがあります。

そのコツの一つが「クライアントさんが求める文章の雰囲気に応えること」なんですね。

 

文章の雰囲気は語尾によって決まる部分が多いです。

語りかけるような商品訴求なら「クロネコ屋さん」

時代を切り裂くインパクト性を求められたら「イケハヤさん」

とにかくわかりやすくシンプル!と言われたら「ワロリンスさん」

と言った具合に(これはあくまで自分の場合ですが)、求められた雰囲気に応じて有名ブロガーの語尾を憑依させて文章を書くと、結構クライアントさんに喜ばれるんですよ。

ゲームのペルソナシリーズの主人公の特技であるペルソナ付け替えみたいな感じですね。

 

なぜブロガーの文章なのか

キャラクターが強いからです。

ブロガーさんはそれぞれはっきりとした雰囲気を纏っているので、クライアントさんの要望に応える際の武器としてとても有力なんですよ。

 

ライターさんの文章はこの方法には向かないです。

自分もその1人なんですが、どうしても個性なくなっちゃうんですよね。レギュレーションや編集の関係で自分の個性を殺す文章を書くことに慣れてしまっているので。

もちろん、ライターさんの場合も自分のブログで書いている文章なら自由に個性を出しているので、その文章の場合は普通に参考になります。

というかそれはもう普通にブロガーですよね。

 

語尾に注目することで見えてくるもの

実例:クロネコ屋さんのとある記事より

クロネコ屋さん、この方は自分がすごく尊敬しているアフィリエイターさんで、文章を読んでいると本当に訴求されている商品を買ってしまいそうな感覚に陥ります。

先日、トレーニングのためにクロネコ屋さんのこの記事の語尾を全て取り出してみました。

【実体験】マンションの低階層(1階~4階)に住むメリット・デメリット

 

記事の前半は情報、知識の提供に徹しているパートになっています。

使われている語尾を一部抜粋すると、

  • ます
  • ます
  • だそうです
  • ですね
  • ます
  • ます
  • です
  • ます
  • ですね
  • できます
  • です
  • ません

といった感じ。

 

ですが、文章後半になるとこの語尾の使い方が一変します。

  • ませんか?
  • せん
  • のです
  • です
  • しょう
  • です
  • ます
  • しょう

 

何が起きたかというと、この部分は商品訴求のパートなんですね。

前半は優しく語りかけていたクロネコ屋さんですが、このパートでは明らかに語気を強めて読者に具体的な行動を促しています。

文章の雰囲気をいかに語尾が司っているかがわかる例です。

 

一流は文章中でも語尾を変えて雰囲気を操っている

このように、文章の中でも段落ごとに明確な役割をもたせたいと思った場合、意図的に語尾を調整することで雰囲気をガラッと変えることができます。

伝えたいのか、労りたいのか、煽りたいのか、行動させたいのか、

文章に担わせたい役割に応じて語尾を選ぶことで、文章としての価値を高めていくことができます。

 

お気に入りのブロガーさんの語尾を見てみよう

というわけで、お気に入りのブロガーさんの語尾を一度見てみてください。

文章全部を写経するのもそれはそれでいい勉強になるんですが、語尾だけを写経してみるというのもなかなか面白いトレーニングになりますよ。

ABOUT ME
タビ
タビ
フリーのWebライターとして依頼を受けつつ家事育児をして生きている30代。 かつては小学校教員として働いていましたが色々あって退職。 北海道から東京都へ住所を移してのんびり生きてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。