逃げログ
多摩地方在住、在宅Webライターの日常
ライティング

Webライターのリライト依頼に対する自分なりの取り組み方法

他のサイトや書籍をもとに内容を書き換えてほしいというリライト依頼。

それを受注する際に自分が使っている作業手順と注意点を解説しました。

合わせて、リライトという作業に対する雑感もちょっとだけ喋ってます。

リライト依頼とは

他のサイトや本を内容は維持しつつ書き換える

Webライターの仕事をしていると、リライトの依頼をいただくことがあります。

この場合のリライトとは、他のサイトや本に書かれている内容を読み、それを丸写しにならないように新しい記事として起こすことを指します。

 

目的はSEO対策やコンテンツの充実

既にSEO面で評価されている記事の内容を反映させることで、新しく作る記事も検索上位に上げられるのではないかという期待。

サイトの網羅性を高め読者を満足させるためのコンテンツの1つとして。

目的はそんなところです。

 

注意点は著作権侵害してしまわないかどうか

このリライト作業は著作権的に結構アレなところがあります。

1つの記事を書く上で2つ3つと参照元を用意すれば流石にパクリとはなりません。

が、1つの記事から1つのリライト記事を起こすという依頼も結構あって、そうなると文章の内容を相当気を使わないと丸パクリのようなリライトになってしまいます。

当然著作権侵害です。

 

スポンサーリンク

リライトの手順【自分なりのテンプレ】

PREP法にのっとったWebで見やすい文章を目指す

どうせ記事としてWebの海に放流するのなら、読みやすい記事にしたいものです。

そこで、自分はリライト案件を受ける時は極力「PREP法」を意識したリライトをしています。

PREP法とは何ぞや?という記事を以前書いたので知らない方はどうぞ。

検索意図に応えるためのライティング方法【PREP法】を解説SEOに強い記事を書くには読者の検索意図に答える必要があります。PREP法を使うと結論をわかりやすく伝えられるので、読者の知りたい情報を的確に提示することができます。...

【手順1】H2タグ、H3タグを全てExcelに書き出す

リライト元の文章のH2タグ、H3タグを全てExcelに書き出します。

正確には自分はExcelではなくGoogleスプレッドシートなんですが、まぁ何でもいいです。

 

【手順2】結論、理由、具体例に分類して抽出する

H3タグにはそれぞれ本文がぶら下がっていますので、その内容を読んでこれまたExcelに抽出します。

その際、Excelには3つのセルを用意しておき、「結論」「理由」「具体例」に分類して本文内容を抽出していきます。

この3つはPREP法を形作る要素です。

 

【手順3】タグの順序と文言を入れ替え書き換えする

論理構成が破綻しないレベルでタグの順序を入れ替えます。

もちろん、タグの文言もある程度書き換えます。

ただ、タグの単語はSEO的にかなり重要であると言われているので、タグの文言に大きく手を加えた時はクライアントに報告するようにしています。

 

【手順4】本文をPREP法に則って執筆する

ここまででリサーチ完了。

あとはExcelを見ながら新しい記事としてタグと本文を書き起こしていきます。

 

スポンサーリンク

リライト案件を続けていると専門性が身につく

いわゆる写経に近い作業=そのジャンルの勉強

既にある文章、しかもSEO的にある程度評価されている文章をじっくりと読み込んだ上で同じ内容を自分の言葉で書き起こす。

これは写経に近い作業ですね。

繰り返すことで、そのジャンルに関する知識がものすごい勢いで身についていきます。

 

ジャンルに関する語彙がメキメキ増える

リライト元の文章を読み込む中で、知らない単語が出てきたら当然調べます。

その辺の咀嚼をせずに文章を書いたところで訳のわからないことになるので。

それを繰り返していると、ジャンルの理解と共に語彙もまた増えていきます。

 

他人の文章を読む機会

他人が書いたWeb文章を読む絶好の機会です。

わかりにくい文章もあれば、Webライティングのお手本のようなものもあります。

ジャンル抜きにしても、ライティングそのものの勉強にもなります。

 

スポンサーリンク

リライトは悪か?

やられた側は嫌だと思う

自分だってこのブログの文章を丸パクリされたら嫌です。

実際明らかにリライトされたものを何度も見かけましたし。

どうせやるならもっと気づきにくいようにやってくれって感じですね。

 

世の中のコンテンツの多くはリライト

とは言え、世にあるコンテンツの多くはリライトによって生まれています。

要は程度の問題なんですよね。

元のコンテンツに敬意を払いつつ、内容を理解した上で自分の言葉で書くことが大事なのかなーって思います。

 

終わりに

お金をいただいている側なので、やれと言われればある程度は何でもやります。

そしてどうせやるのであれば、世の役に立つリライトをしたいもんだと思って作業に当たってます。

とりあえずリライト案件はやる側にとってはジャンルとライティングの勉強になるんで、やったことない人は一度受けてみると面白いですよ。

 

ABOUT ME
タビ
タビ
フリーのWebライターとして依頼を受けつつ家事育児をして生きている30代。 かつては小学校教員として働いていましたが色々あって退職。 北海道から東京都へ住所を移してのんびり生きてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。