日刊「逃げログ」

ライターとして25000文字を打った結果欲しくなったグッズ

少し前からフリーランスライターとしての仕事を始めました。

前々から気になっていた働き方ではあったんですけど、いざ実際にやってみるとこれが面白い!ひとまず25000字ほど打って14000円を稼いでみたんですが、辛いとか苦痛とか死にたいとかそういうのは全くなかったですね。
というか本来はこれが普通で、そういう感情ばかり出てきていた前職がアレなんでしょうけど。

まぁ、生計が立つかどうかまではまだ何とも言えないんですが、とりあえず続けてみようと思っています。

さて本題。その25000字を打った結果、自分の体に困ったことが起きました。
目が疲れちゃったんです。

長い時間パソコンの画面を眺め続ける生活をしていたら、目を支える筋肉の辺りに違和感というか疲れを感じました。徹夜でウイニングイレブンに没頭した時なんかになるあの状態ですね。

ライターを続けていればそのうちなるんだろうなとは思っていましたが、案外早かった。自分も歳をとったということです。
今後もどんどん酷くなっていくのは間違いないので、どうにか対策しなければなりません。

その対策なんですが、実はライターとして受けた仕事の中に目の健康について書く案件があったんです。タイムリーですね。
で、文章にするために目の健康について一から学んだんです。学ばなければ文章は書けませんから。
対策方法はどれもお金のかかるものなのですぐに始めるかどうか判断はできないんですが、とりあえず対策の方法だけ書いてみますね。

方法は二つ。ブルーライトが目に届く前に遮断することと、ブルーライトが当たった目を修復する栄養をとることです。

まずブルーライトの遮断ですが、これは画面にフィルムを貼るやり方と特別な眼鏡をかけるやり方があります。眼鏡は高そうなので、まずはフィルムかな?

24インチ用で一番人気だったのがこのフィルム。なんで人気があるのかまでは調べていませんが、手の届かない値段ではないですね。

眼鏡は高いから無理だ!

と思っていたら、ありましたありました。眼鏡の上からクリップで留めるブルーライトカットレンズです。レビューめちゃめちゃいいですね。価格は1499円!これは手が出せる!

 

もう一つの話題、ブルーライトが直撃した目を労わる方法についてはまた今度。

目は大切にしましょう。とは言ってもやっぱり一度苦しんでからじゃないと体なんて労わりませんよね。人間そんなもんです。

教員の仕事に悩む方へ。

子どものこと、保護者のこと、職員室のこと、未来のこと。
教員の仕事に悩む方へ向けた、教員を辞めた人間からのメッセージです。

教員の仕事がつらい時の考え方