コーヒーを学ぶ

コーヒーの味には水が大きく影響する。コーヒーに適した水とは?

北海道厚沢部町カンペシーノのコーヒー

コーヒーの味はいくつもの要素が絡み合って作られています。
例えば豆に限った要素だけでも、

  • 生豆の品種
  • 焙煎度合い
  • 焙煎日からの経過日数

といった要素があり、これが一つ変わるだけでも全く違った味に変化します。

 

さて、味を決める要素はもちろん豆だけではありません。

今回は、コーヒーの味を決める大きな要素である「水」についてお話しします。

 

※「コーヒー味の水」について調べに来た人はこちらへどうぞ↓

あわせて読みたい
コーヒー味の水を知っていますか?ユニークな2商品の紹介最近このブログに「コーヒー味の水」という検索ワードで飛んでくる人がいるんです。 「なんだそりゃ!?」 と思って色々と調べてみ...

コーヒーの98%は水

人類を魅了し続ける琥珀色の液体、コーヒー。

実はその98%は水です

水を変えると味が大きく変わるというのもうなずけますね。

水の成分でコーヒーの味に悪影響を与えるもの

水の種類を語る前に、まずはコーヒーの味わいに悪い影響を与える成分を説明しておきます。

塩素

主に水道水に含まれている塩素。
独特の味やにおいはコーヒーの味わいを損なわせます。

ミネラルウォーター等であれば問題ありませんが、水道水を使う場合は塩素の処理を考える必要があります。

鉄分

鉄分は、コーヒーの成分の中のタンニンと反応し、味を著しく損なわせます。

鉄分が含まれているのは水道水。古い水道管を通った水道水に多く含まれています
酷いものだと、蛇口をひねった時にサビ色の水が出る家もあるんですよ。
はい、我が家のことです。

こうなると、常にミネラルウォーターを買い続けるか、ウォーターサーバーの設置を検討したくなりますね。

軟水と硬水の特徴とコーヒーとの相性

ミネラルウォーターを買う際などによく話題になる水の硬度。
これは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量を表しています。

  • 含有量が100ml/ℓ以下のものが軟水
  • 含有量が200ml/ℓ以上のものが硬水

となっています。
厳密には更に細かい分類があるのですが今回は割愛します。

 

軟水はコーヒーに酸味を求める時に

軟水の特徴はまろやかな水の味わいを感じること。

コーヒーに使用すると、特に酸味豊かな味わいになります。

酸味と聞くと身構える方がいますが、悪いコーヒーを飲んだ時のあの酸味ではありませんよ。
リンゴの味を説明する時に使う「甘酸っぱさ」のようなイメージの酸味です。

筆者は浅煎りの豆と軟水を使い、コーヒーの甘みとも言える酸味を追い求めるのがすごく好きです。

 

代表的な軟水

日本の水道水

日本産のミネラルウォーター

ボルヴィック

ウォーターサーバー

 

硬水はコーヒーの苦みが際立つ

硬水はミネラルが豊富に含まれた水で、独特の味わいを強く感じます。

ヨーロッパで一般的に使われる水です。海外旅行先で髪を洗うと髪がごわつくと言われるのは水の違いが原因なんですね。
硬水に慣れない日本人が現地の水を飲むとお腹を下す原因にもなります。

さて、コーヒーにこの硬水を使うと、苦みが強く出やすいです。

なので、深煎りの豆を使って重厚な味わいのコーヒーを淹れたい方にお勧めです。

 

代表的な硬水

ヨーロッパ地方の水道水やミネラルウォーター

 

コーヒーを淹れる際の水の扱い方

好みの水はイメージできましたか?

次はその水を正しく使う方法です。

沸騰でカルキを飛ばす

水を沸かすときは、抽出の適温である90度近くで止めるのではなく、一旦100度まで上げて沸騰させてください。

この一手間によってカルキをある程度抜くことができるので、水道水を使う場合は特に徹底してください。

 

沸かしすぎ、二度沸かしは良くない

沸騰させるのは大切ですが、その沸騰を長く続けてしまうのは逆に悪影響があります

水の中には二酸化炭素を中心とした空気が含まれており、それがコーヒーの味わいに一役買っています。
ですが、沸騰を続けたり一度沸騰したお湯をもう一度沸騰させてしまったりすると、中の二酸化炭素が抜けてしまいます。

一旦沸騰させたら火を止め温度を適温に調節し、すぐに抽出に入りましょう。

 

一度沸騰させたら火を止め、水面が静かになるのを待つ

火を止めると、ブクブクしていた水面が落ち着いていきます。

水面が完全に静かになったときが、コーヒーの抽出に適した湯温の合図です

厳密には目指す味によって適温は微妙に異なりますが、温度計を使わずアナログにやりたいのであれば、まずはこのやり方で始めるのをおすすめします。

 

コーヒーに天然の湧き水を使ってみたい

とある喫茶店での筆者のツイートです。
このお店のコーヒーはとても美味しい深煎りコーヒーで、味が忘れられない筆者は嫁を連れてよく訪れます。

なぜこんなにも美味しいのかマスターに聞いてみたところ、

「水にこだわっています。
近くでとれる湧き水を利用しているんですよ」

と教えてくれました。

日本には各地に様々な湧き水があります。
皆さんの住所の近くに湧き水があれば、一度コーヒー用として使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ「目指すコーヒー味に合わせて水を決めよう。鉄分やカルキに注意!」

  • 水道水は塩素と鉄分に注意
  • 酸味を追求する軟水と、苦みにこだわる硬水
  • 湧き水を使ったコーヒーはとんでもなく美味しい

この世界には様々なキャラクターの水が存在します。

皆さんの求める味にピッタリ合った水を探しましょう。
理想の一杯に辿り着くまでの道はまだまだ長いですね。

下に浅煎り派の筆者の現在のベストを紹介しましたが、これもまだ道の途中。
今後も様々な水を試してみたいです。

記事中に出てきた水の紹介です

ボルヴィック

有名なミネラルウォーターです。

筆者はコーヒー用というよりも外出先で水を飲みたい時に必ずボルヴィックを買っています。
人によって好みは違うと思いますが、自分にはこの水が一番おいしく感じられます。

コンビニでデブ向け弁当とボルヴィックを買い、食後はコンビニコーヒーでシメるというのが筆者の急ぎ昼食の黄金コースです。

Volvic(ボルヴィック)
¥453
(2018/05/20 05:08:43時点 Amazon調べ-詳細)

アクアクララ

筆者が1年近く使っていたウォーターサーバーです。
ちょうどいい冷たさの水と約90℃のお湯をいつでも使うことができます。
性質は軟水です。

  • 授乳中の嫁が良い水分を取りたかった
  • 赤ちゃんのミルクを良い水で作りたかった
  • 家の水道管が古く新生児に飲ませたくなかった

というのがアクアクララを使い始めた理由でしたが、コーヒー好きの自分にとっても良い買い物になりました。

  • コーヒーが好みの味になる
  • 90度のお湯が出せるため、沸騰させるまでの時間短縮ができる

というのがコーヒーへのメリットでしたね。

無料体験ができるので、ご自身の生活をイメージしてメリットを感じた方は是非どうぞ。
便利ですよ。

おいしい水の宅配サービス アクアクララ